2022-06

絵画

ゴッホ アルルの跳ね橋

フィンセント・ファン・ゴッホが南仏アルルに移住した時に描いた作品です。 ゴッホの母国オランダや海外では、「ラングロワ橋」という名で呼ばれています。実際に存在していた橋ですが現在はコンクリート製の橋に架け替えられています。 現在は、別の場所に...
絵画

ボッティチェッリ 若い女性の肖像

ルネサンス初期の画家で当時イタリア フィレンツェで隆盛を誇ったメディチ家の保護のもと宗教画や神話がなど多くの傑作作品を残したボッティチェッリの作品です。 当時、フィレンツェ一の美女として讃えられたシモネッタ・ヴェスプッチを描いた作品で、同様...
絵画

レオナルド・ダ・ヴィンチ 受胎告知

ルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチのキャリア初期の作品で、現在では、師匠であるアンドレア・デル・ヴェロッキオとの共作であることが判明しています。 また、レオナルド・ダ・ヴィンチの油彩作品のなかでも最大の作品とされています。 キャリア最...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ・サンティ 「ガラテイアの勝利」 

ルネサンス期の巨匠ラファエロ・サンティの作品で、当時の裕福な銀行家の別荘の壁に描かれた作品です。 計算された画面構成となっており、中央の女神(ガラテイア)を中心に渦巻くように周りが描写されており、中央に視線を誘導されます。 また、特徴的なイ...
絵画

エル・グレコ 「聖衣剥奪」

16世紀から17世紀初頭に活躍したギリシャ生まれの画家エル・グレコが描いた宗教画「聖衣剥奪」です。 エル・グレコという名前は、「ギリシャ人」という意味で、本名はドメニコス・テオトコプーロスと言います。 長く引き伸ばされた人体などマニエリスム...
絵画

ゴッホ 「夜のカフェテラス」

フィンセント・ファン・ゴッホの特徴とされる、夜空を黒を使わずに深い青色で表現した最初の作品と考えられています。 この作品が展示された当初は題名に「夕方の喫茶店」という名を付けられたことから当時の人々には夜空とは認識されず、夕方と認識されてい...
ラファエロ・サンティ

「青い冠の聖母」 ラファエロと弟子の合作

ルネサンス期の巨匠ラファエロ・サンティとその弟子ジャンフランチェスコ・ペンニの合作と言われている作品です。 ラファエロがデザインを担当しペンニが絵画に仕上げたと言われています。 本作品は、二枚に裁断され樽の蓋そして使用されていたものを、後年...
絵画

カラヴァッジョ 「洗礼者聖ヨハネの斬首」

バロック期の巨匠ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオの作品中、最大サイズの作品で、唯一、カラヴァッジョの署名が記された作品です。 本作品はマルタ騎士団から祭壇画として依頼され、カラヴァッジョがマルタ騎士団に入団するために必要な金銭の...
絵画

ロレートの聖母 ラファエロとカラヴァジョ

ルネサンス期の巨匠ラファエロ・サンティとバロック期の巨匠カラヴァジョが同じ題材を作品にしています。 ラファエロの作品は、彼の他の聖母作品と同様に柔らかく優しい作風となっています。 一方、カラヴァジョは彼の特徴でありバッロクの特徴ともなった明...
絵画

フランシスコ・デ・ゴヤ 「黒衣のアルバ女公爵」

スペインの代表的画家フランシスコ・デ・ゴヤが自身のパトロンでスペイン名門貴族であるアルバ女公爵を描いた作品です。 「白衣のアルバ女公爵」と対の作品となっており、2年遅くこちらの作品が完成しています。 ゴヤはアルバ公爵邸にアトリエを提供され、...