2024-06

絵画

ジョルジョーネ 「ユディト」

ルネサンス盛期のヴェネチア派の画家ジョルジョーネのキャリア初期の作品とされている「ユディト」です。 ジョルジョーネは、ティツィアーノ・ヴェチェッリオとともに盛期ルネサンス期のヴェネチア派の様式を確立した画家で、後の画壇にも大きな影響を与えた...
絵画

メアリー・カサット 「桟敷席(さじきせき)にいる真珠の首飾りをした女性」

メアリー・カサットはアメリカ出身の女性画家ですが、ヨーロッパ中を周って巨匠の模写をするなど絵画の勉強をするなかでエドガー・ドガに出会い、ドガの作風に大きな影響を受けた画家です。 ドガに誘われて印象派展へも出品していますが、ドガと同様に印象派...
絵画

ポール・シニャック 「サン=トロペの港」

ジョルジュ・スーラとともに点描描写による表現方法を確立し新印象派と呼ばれたポール・シニャックの作品「サン=トロペの港」です。 新印象派とされた当初はジョルジュ・スーラの影響が強く、細かい点描による視覚効果を探求した作品を多く制作しましたが、...
絵画

エドガー・ドガ 「踊りの稽古場にて」

バレエの踊り子たちの様子を描いた作品を多く制作するとともに、印象派の創設にも重要な役割を担ったエドガー・ドガの作品「踊りの稽古場にて」です。 エドガー・ドガは、当時、パリで流行していた日本の浮世絵にも強い関心を持っており、自身の作品にも浮世...
絵画

エドガー・ドガ 「バーで練習する踊り子たち」

印象派の創設からのメンバーで、印象派展の開催などにも尽力したエドガー・ドガの作品「バーで練習する踊り子たち」です。 「バーにつかまる踊り子たち」とも呼ばれています。 基本的に戸外で作品制作を行い光の描写を重視する印象派の画家達ですが、ドガは...
絵画

ジョルジュ・スーラ 「サーカスの客寄せ」

点の集合による配色により色と色が交じり合わない描写を行う点描描写を確立させてジョルジュ・スーラの作品「サーカスの客寄せ」です。 「サーカスのパレード」とも呼ばれています。 それまで屋外の描写が多かったスーラですが、夜のガス灯の弱い光の下の人...