2022-04

絵画

クロード・モネ アルジャントゥイユ

印象派の代表画家、クロード・モネはパリから北西に10kmにあるアルジャントゥイユという町で6年程生活します。 アルジャントゥイユは、パリからのアクセスもよかったため、当時、セーヌ川での舟遊びをする行楽地として人気があり、印象派の画家の多くが...
絵画

セザンヌの「オリンピア」と「草上の昼食」

伝統的な絵画様式にとらわれず独自の様式を探求したポール・セザンヌ。 当初、印象派に参加していましたが、後に独自の様式を確立、「近代絵画の父」とも言われています。 当時、印象派に多大な影響をあたえたエドゥアール・マネが問題作を発表。 その問題...
絵画

ファン・ゴッホの椅子とゴーギャンの肘掛け椅子

フィンセント・ファン・ゴッホとポール・ゴーギャンは南仏アルルでゴッホが借りた「黄色い家」で共同生活行います。 共同生活は2か月という短い間で終ってしまい、ゴーギャンはゴッホのもとを去ります。 その後、ゴッホは精神を病んでしまいます。 (ad...
絵画

マネ バルコニー

エドゥアール・マネが1868年に描いた「バルコニー」です。1869年のサロンに入選・展示された作品です。 この作品は、フランシスコ・デ・ゴヤの「バルコニーのマハたち」にインスピレーションを得て制作されたとされています。 また、同時期に制作、...
絵画

ルノワール リーズ・トレオ

1866年から1872年にかけて、ルノワールはリーズ・トレオという女性をモデルに数点作品を制作しています。 彼女は、ルノワールの恋人だったようです。 「日傘のリーズ」は、リーズ・トレオをモデルにした作品でサロンにも展示され、ルノワール初期の...
絵画

フレデリック・バジール

フランスの印象派の画家で、裕福な家庭の出身であったことから、他の印象派メンバーを経済面で支援したことでも有名です。 当初、医学を学ぶためにパリに出たバジールは、その後に印象派の主要メンバーとなるモネやルノワール、シスレーなどと知り合い意気投...
ラファエロ・サンティ

ラファエロの恋人 マルゲリータ・ルティ

ルネサス期の巨匠ラファエロ・サンティは生涯結婚することはありませんでしたが、若く、才能があり容姿もよかった彼は女性に人気があったようです。 ラファエロには、ローマ出身のパン屋の娘マルゲリータ・ルティという恋人がおり、彼女をモデルに「システィ...
絵画

ゴッホの肖像 ロートレック

ロートレックがフィンセント・ファン・ゴッホの肖像を描いた作品です。 ロートレックの初期の頃の作品で、印象派の作風で描かれています。 2人はお互いの作品を認め合い、ゴッホの勧めで画商で弟のテオはロートレックの作品を数点購入しています。 (ad...
絵画

エドゥアール・マネ 「ヴィクトリーヌ・ムーランの肖像」 

印象派の先駆者で、当時の絵画に革新をもたらしたエドゥアール・マネの多くの作品でモデルを務めたヴィクトリーヌ・ムーランです。 マネの代表作で当時、スキャンダルとなった「草上の昼食」「オランピア」のモデルも務めました。 後に彼女も絵画を学び、画...
絵画

カラヴァッジョ アレクサンドリアの聖カタリナ

バロックの巨匠カラヴァッジョが庇護者のローマ・カトリック教会のフランチェスコ・マリア・デル・モンテ枢機卿から提案を受けて制作した作品です。 カラヴァッジョの特徴である強い明暗対比とともに聖人を当時の有名な売春婦をモデルとして描いたことで問題...