絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「アルルの病院の病室」

フィンセント・ファン・ゴッホは、画家達との共同生活を夢見て、パリから南フランスのアルルに移住しますが、ゴッホと共同生活する為に訪れたのはポール・ゴーギャンのみでした。 その共同生活も2,3ヵ月で終わってしまうのですが、ゴッホは自身の耳を切り...
絵画

ピーテル・デ・ホーホ 「金(貨)を量る女」

17世紀のオランダ黄金期の画家ピーテル・デ・ホーホの作品「金(貨)を量る女」です。 本作品「金(貨)を量る女」は、日本で人気のヨハネス・フェルメールの作品「天秤を持つ女」の基となった作品と推測されています。 デ・ホーホとフェルメールは年齢が...
絵画

カミーユ・ピサロ 「立ち話」

本作品「立ち話」はピサロが51歳の時の作品で、第7回印象派展に出品された作品です。 当初、ピサロは風景画の作品を多く制作していましたが、人物画特に農村で働く人々の様子を描くことが多くなり、本作品も人物画への移行期の作品とされます。 農村やそ...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「アルル病院の庭」

フィンセント・ファン・ゴッホが南フランス アルルでのポール・ゴーギャンとの短い共同生活を終え、精神を病んだとして入院した病院の中庭を描いた作品です。 「アルル病院の中の中庭」とも呼ばれています。 ゴッホは、この病院に1888年12月から18...
絵画

へラルト・テル・ボルフ 「リンゴの皮をむく女」

17世紀のオランダ黄金期の画家の一人ですが、ヨーロッパ中を旅してまわり、スペインでは騎士にも叙されたへラルト・テル・ボルフの作品「リンゴの皮をむく女」です。 他のオランダ黄金期と画家達とは違った丁寧な筆さばきで、特に布や衣類のひだや光沢など...
絵画

ジョルジョーネ 「ユディト」

ルネサンス盛期のヴェネチア派の画家ジョルジョーネのキャリア初期の作品とされている「ユディト」です。 ジョルジョーネは、ティツィアーノ・ヴェチェッリオとともに盛期ルネサンス期のヴェネチア派の様式を確立した画家で、後の画壇にも大きな影響を与えた...
絵画

メアリー・カサット 「桟敷席(さじきせき)にいる真珠の首飾りをした女性」

メアリー・カサットはアメリカ出身の女性画家ですが、ヨーロッパ中を周って巨匠の模写をするなど絵画の勉強をするなかでエドガー・ドガに出会い、ドガの作風に大きな影響を受けた画家です。 ドガに誘われて印象派展へも出品していますが、ドガと同様に印象派...
絵画

ポール・シニャック 「サン=トロペの港」

ジョルジュ・スーラとともに点描描写による表現方法を確立し新印象派と呼ばれたポール・シニャックの作品「サン=トロペの港」です。 新印象派とされた当初はジョルジュ・スーラの影響が強く、細かい点描による視覚効果を探求した作品を多く制作しましたが、...
絵画

エドガー・ドガ 「踊りの稽古場にて」

バレエの踊り子たちの様子を描いた作品を多く制作するとともに、印象派の創設にも重要な役割を担ったエドガー・ドガの作品「踊りの稽古場にて」です。 エドガー・ドガは、当時、パリで流行していた日本の浮世絵にも強い関心を持っており、自身の作品にも浮世...
絵画

エドガー・ドガ 「バーで練習する踊り子たち」

印象派の創設からのメンバーで、印象派展の開催などにも尽力したエドガー・ドガの作品「バーで練習する踊り子たち」です。 「バーにつかまる踊り子たち」とも呼ばれています。 基本的に戸外で作品制作を行い光の描写を重視する印象派の画家達ですが、ドガは...