絵画

フランス・ファン・ミーリス 「真珠を繋ぐ女性」

17世紀オランダ黄金期の画家フランス・ファン・ミーリスの作品「真珠を繋ぐ女性」です。 ミーリスは同じオランダの画家でバロック絵画の巨匠レンブラント・ファン・レインの光と影の描写を継承しつつもオランダ黄金期の特徴の風俗画を多く描いています。 ...
絵画

ヘラルト・テル・ボルフ 「手を洗う女」

17世紀のオランダ黄金期の画家ヘラルト・テル・ボルフの作品「手を洗う女」です。 ヨハネス・フェルメールなどと同時代の画家ですが、テル・ボルフはヨーロッパ各地を旅しており、スペインでは騎士の称号も与えられています。 オランダ黄金期では、それま...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「レストランの内部」

ゴッホは、出身地でもあるオランダで、働く農民達を題材に作品を多く制作していましたが、画商の弟テオを頼ってパリに出ています。 本作品「レストランの内部」は、ゴッホがパリに出て描いた作品で、パリで出会った若い画家たちに大きな影響を受けて描いた作...
絵画

ベルト・モリゾ 「ブージヴァルの庭のウジェーヌ・マネと娘(田舎にて)」

印象派の代表的画家であり、当時ではまだ珍しかった女流画家のベルト・モリゾの作品「ブージヴァルの庭のウジエーヌ・マネと娘(田舎にて)」です。 ブージヴァルとはパリ郊外セーヌ河岸の行楽地でアルジャントゥイユ同様、パリ近郊の行楽地で他の印象派画家...
絵画

エドガー・ドが 「青い踊り子たち」

印象派創設に関わるとともに自身は写実主義として印象派とは違った作風で、特に当時の踊り子たちを多く描いたエドガー・ドガの晩年の作品「青い踊り子たち」です。 ドガは普仏戦争に従軍した際に目を患ってしまった為、印象派の特徴のひとつである屋外ので作...
絵画

ポール・セザンヌ 「アルルカン(道化)」

近代絵画の父とも呼ばれるポール・セザンヌ、キュビズムという多様な角度から見た物を一つの画面に収めるというピカソなどが確立した画風の先駆的役割を果たしました。 セザンヌは、当初はモネやルノワールと共に印象派の一員として活動していましたが、印象...
カミーユ・ピサロ

カミーユ・ピサロ 「羊飼いの娘」

若い印象派の画家たちのなかで、最年長で画家たちのまとめ役でもあったカミーユ・ピサロの作品「羊飼いの娘」です。 本作品は「小枝を持つ少女」「座る農家の娘」と呼ばれることもあります。 ピサロは、当時の階級社会へ批判的な立場で、農村などで働く人々...
カミーユ・ピサロ

カミーユ・ピサロ 「田舎の幼い女中(メイド)」

若い画家達が多かった印象派のなかで最年長として画家たちをまとめ、唯一、全8回の印象派展に出品したカミーユ・ピサロの作品「田舎の幼い女中(メイド)」です。 印象派の画家ながら、後にスーラやシニャックが確立する点描描写への関心や興味を抱いた時期...
絵画

クロード・モネ 「郊外の列車」

印象派の代表的画家クロード・モネの作品「郊外の列車」です。 まだ、印象派が誕生する前の作品で、モネの特徴となる筆触分割による光の表現が確立していない作品です。 産業革命後の当時では列車が最先端科学の象徴的な存在で、モネ自身も「サン=ラザール...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「夜の白い家」

フィンセント・ファン・ゴッホが自ら命を絶つ約2ヵ月ほど前に描いた作品です。 精神を病んだゴッホはパリ郊外のオーヴェル=シュル=オワーズへ1890年5月に療養の為、移り住んでおり、本作品は同年6月16日のオーヴェル=シュル=オワーズの夜7~8...