絵画

メアリー・カサット 「子供の入浴(沐浴、湯浴み)」

印象派の創設メンバーでもあるエドガー・ドガの影響を強くうけており、印象派展にも出展していることから印象派の画家とされることが多いメアリー・カサットの作品「子供の入浴」です。 「沐浴」「湯浴み」と呼ばれることもあります。 メアリー・カサットは...
絵画

ジョン・シンガー・サージェント 「スペインの踊り子」

19世紀後半から20世紀前半に活躍したアメリカン人画家ジョン・シンガー・サージェントの作品「スペインの踊り子」です。 アメリカ人のサージェントですが生まれはイタリアのフィレンツェで、主な活動もロンドンやパリなどのヨーロッパとなっています。 ...
絵画

ジョシュア・レノルズ 「キャロライン・ハワード嬢の肖像」

18世紀のロココ期のイギリス人画家ジョシュア・レノルズが伯爵家から娘の肖像画の注文を受けて描いた作品「キャロライン・ハワード嬢の肖像」です。 描かれている少女はイザベラ・キャロラインという名で当時7歳だったことが分かっています。 ジョシュア...
絵画

ポール・ゴーギャン 「アルル、ブドウの収穫(人間の悲劇)

二次元性と作品に人間の内面を投影しようとした総合主義(クロワニズム)の創設、確立した一人、ポール・ゴーギャンの作品「アルル、ブドウの収穫(人間の悲劇)」です。 ゴーギャンは、フィンセント・ファン・ゴッホの誘いを受けて南仏のアルルでの共同生活...
絵画

ハンマースホイ 「手紙を読むイーダ」

デンマークの画家で19世紀後半から20世紀初頭に活躍したヴィルヘルム・ハンマースホイの作品「手紙を読むイーダ」です。 ハンマースホイはモノトーンの落ち着いた色彩で作品を制作、また、作品の多くが自身が暮らしているアパートの室内を描写した作品で...
絵画

ルノワール 「オダリスク(アルジェの女)」

印象派の代表的画家ピエール=オーギュスト・ルノワールのキャリア初期の作品「オダリスク」です。 「アルジェの女」とも呼ばれることがある作品です。 オダリスクとはオスマン帝国の後宮で使える側室、女官(女性奴隷)のことを指します。 ルノワールは、...
絵画

ポール・シニャック 「朝食」

印象派の分割筆触をさらに発展させ、色の点で作品を制作する点描表現による新印象派主義の画家ポール・シニャックの作品「朝食」です。 シニャックの作品のなかでは数が少ない人物画作品で自身の祖父と母親を描いています。 シニャックの実家は裕福な馬具商...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ・サンティ 「仔羊のいる聖家族」

ルネサンス盛期、レオナル・ド・ダヴィンチ、ミケランジェロとともに三大巨匠とされたラファエロ・サンティの作品「仔羊のいる聖家族」です。 ラファエロは聖母子像を多く制作しており、聖母子の画家と呼ばれるほどです。 本作品では聖母子のほかに父親とな...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「刑務所の中庭」

フィンセント・ファン・ゴッホが精神を病んで、フランス南部のサン=レミで療養生活をしている際に描いた作品で、フランスの版画家ギュスターヴ・ドレの作品に基づいて描かれています。 ギュスターヴ・ドレの「ニューゲート監獄 運動場」という版画作品にほ...
絵画

ベルト・モリゾ 「ロリアンの小さな港」

印象派の女流画家で、エドゥアール・マネに師事し複数のマネの作品のモデルも務めたベルト・モリゾのキャリア初期の作品「ロリアンの小さな港」です。 ロリアンとは、フランス北西部のブルターニュ地方にある港町で海軍基地がある町です。 作品中で描かれて...