絵画

ベルト・モリゾ 「夏の日」

印象派の女流画家で代表的なベルト・モリゾの作品「夏の日」です。 モリゾは、キャリア前半は師事していたエドゥアール・マネのモデルを度々務めるなどマネの影響を強く受けていました。 しかし、キャリア後半となるマネの弟と結婚、一人娘を授かった後は自...
絵画

クロード・モネ 「グランド・ジャット島」

グランド・ジャット島とは、パリから北西に1.5kmほどのセーヌ河に浮かぶ中州のことで、19世紀半ば以降からパリの人々にとって舟遊びなどをする行楽地として人気となりました。 また、新印象派のジョルジュ・スーラの作品「グランド・ジャット島の日曜...
絵画

ポール・シニャック 「日曜日」

ジョルジュ・スーラとともに新印象派と呼ばれる点描絵画を確立させたポール・シニャックの作品「日曜日」です。 非常に細かい点描により、精密に二人の人物のほか室内を描写しています。 点描は、色と色が混ざり合うのを防ぐ目的がありそれぞれは原色に近い...
絵画

ユディット・レイステル 「猫とウナギを持つ少年と少女」

17世紀のオランダ黄金期の画家ユディット・レイステルの作品「猫とウナギと持つ少年と少女」です。 当時は女性画家が活動、成功することは難しい時代でしたが、ユディット・レイステルは画家組合の組合員や弟子を3人もつなど、他の画家からも尊敬される存...
絵画

メアリー・カサット 「お茶」

アメリカ人画家でありながらヨーロッパ各地を回り、絵画を勉強するとともに印象派のエドガー・ドガと知り合い、大きく影響を受けたメアリー・カサットの作品「お茶」です。 カサットは印象派とされていますがドガ同様に他の印象派画家の様な光の描写への興味...
絵画

エドガー・ドガ 「階段を上る踊り子たち」

印象派の創設から関り印象派の画家とされているエドガー・ドガですが、画風自体は印象派の様な光の描写ではなく、写実的な人物の描写、とくにバレエの踊り子の様子を多く描いています。 本作品「階段を上る踊り子たち」もバレエの踊り子たちを描いた作品です...
絵画

ジョルジュ・スーラ 「シャユ踊り」

印象派の筆触分割の画法から更に発展させた点描描写を確立、新印象派と呼ばれたジョルジュ・スーラの作品「シャユ踊り」です。 ”シャユ”とは”騒がしい””大騒ぎ”と言った意味です。 本作品は、当時、パリ モンマルトル周辺ではムーラン・ルージュのよ...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「アルルの病院の病室」

フィンセント・ファン・ゴッホは、画家達との共同生活を夢見て、パリから南フランスのアルルに移住しますが、ゴッホと共同生活する為に訪れたのはポール・ゴーギャンのみでした。 その共同生活も2,3ヵ月で終わってしまうのですが、ゴッホは自身の耳を切り...
絵画

ピーテル・デ・ホーホ 「金(貨)を量る女」

17世紀のオランダ黄金期の画家ピーテル・デ・ホーホの作品「金(貨)を量る女」です。 本作品「金(貨)を量る女」は、日本で人気のヨハネス・フェルメールの作品「天秤を持つ女」の基となった作品と推測されています。 デ・ホーホとフェルメールは年齢が...
絵画

カミーユ・ピサロ 「立ち話」

本作品「立ち話」はピサロが51歳の時の作品で、第7回印象派展に出品された作品です。 当初、ピサロは風景画の作品を多く制作していましたが、人物画特に農村で働く人々の様子を描くことが多くなり、本作品も人物画への移行期の作品とされます。 農村やそ...