絵画

ジョン・シンガー・サージェント 「エル・ハレオ」

主にパリやロンドンで活躍したアメリカ人画家ジョン・シンガー・サージェントの作品「エル・ハレオ」です。 エル・ハレオとは、フラメンコでの掛け声のことで、本作品はサージェントがスペインを訪れた際に着想をえて制作された作品です。 作品の主役の踊り...
絵画

メアリー・カサット 「ル・フィガロを読む(画家の母の肖像)」

印象派の女性画家でアメリカ人でありながらもヨーロッパ中を回り作品制作をしたメアリー・カサットの作品「ル・フィガロを読む(画家の母の肖像)」です。 モデルは題名にもあるようにメアリー・カサットの母親です。 ル・フィガロはフランスで最も古い歴史...
絵画

ギュスターヴ・カイユボット 「床削り」

印象派の画家たちを作品の購入などを通じて経済面からも支援した、パリの上流階級出身のギュスターヴ・カイユボットのキャリア初期の代表作「床削り」です。 「床の鉋がけ」「床に鉋をかける人々」とも呼ばれる場合があります。 カイユボット初期の特徴とし...
絵画

エドガー・ドガ 「舞台の二人の踊り子」

エドガー・ドガは、印象派の創設時からのメンバーでもありながら、印象派的な画風ではなく古典的な画風を好み、印象派の画家が好んだ戸外でも作品制作を行っていません。 裕福な銀行家の出身のドガは、オペラ座の会員でもあり、オペラ座の楽屋や舞台裏へも入...
絵画

カミーユ・ピサロ 「二人の若い農婦」

印象派の画家カミーユ・ピサロの作品「二人の若い農婦」です。 印象派の画家として全8回の印象派展に出品した唯一の画家のピサロですが、一時期、新印象派とされる点描描写を完成させたジョルジュ・スーラやポール・シニャックと交流し、点描描写による作品...
絵画

ピーテル・パウル・ルーベンス 「最後の晩餐」

バッロク絵画の代表的画家ピーテル・パウル・ルーベンスが描いた「最後の晩餐」です。 多くの画家が聖書の”最後の晩餐”の場面を作品としていますが、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が、最も有名な作品となっています。 ルーベンスは、レオナル...
絵画

フレデリック・バジール 「村の眺め」

19世紀フランスの画家でサロンにも幾度と入選しながらも、印象派展のきっかけとなる独自の展覧会を他の画家たちと構想したフレデリック・バジールの作品「村の眺め」です。 村の名前をとったキャステルノー=ル=レイズの眺めとも呼ばれることがあります。...
絵画

ムリーリョ 「ロザリオの聖母」

17世紀 バロック全盛のスペイン黄金期の代表的画家バルトロメ・エステバン・ムリーリョの作品「ロザリオの聖母」です。 ロザリオは聖母マリアへの祈りを繰り返し唱える際に使用する数珠状の用具です。 引用:Wikipedia ムリーリョは、ロザリオ...
絵画

ジャン・シメオン・シャルダン 「素描する若い学生」

ロココ期のフランスの画家でありながら、ロココの特徴でもある優美・甘美な様式で作品を描かず、静止画や風俗画を繊細で静謐な表現で描いたジャン・シメオン・シャルダンの作品「素描する若い学生」です。 「素描する画学生」とも呼ばれる場合があります。 ...
絵画

ルノワール 「モネ夫人と息子」

印象派の代表的画家ピエール=オーギュスト・ルノワールが同じく印象派の創設メンバーでもあるクロード・モネの妻と息子を描いた作品です。 1870年代、モネは、エドゥアール・マネの支援もありパリ北西のアルジャントゥイユにアトリエを構え、マネやアル...