2022-08

絵画

フランス・ハルス 陽気な酒飲み

オランダ黄金期の画家でレンブラントと同時代に活躍、一般市民から上流階級の人々まで多くの人の肖像画を描きました。 彼の肖像画は人々の生き生きした表情をとらえ、「笑いの画家」とも呼ばれています。 「陽気な酒飲み」はその中でも彼の代表作と言われ古...
絵画

アルテミジア・ジェンティレスキ ホロフェルネスの首を斬るユディト

カラヴァッジョ派(カラバジェスキ)の代表的画家で、当時では珍しい女性画家のアルテミジア・ジェンティレンスキの代表作「ホロフェルネスの首を斬るユディット」です。 この題材は多くの画家に描かれた旧約聖書の「ユディット記」という話の一場面です。 ...
レンブラント・ファン・レイン

レンブラント 二つの円と自画像

オランダ黄金期の画家でバロックの巨匠レンブラント・ファン・レインの自画像作品です。 レンブラントは約40年のキャリアのうちで約90点ほどの自画像を制作しており、現在確認されているレンブラントの全作品の10%が自画像となっています。 レンブラ...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ キリストの変容

ルネサス盛期の巨匠の一人ラファエロ・サンティの最後の作品とされる「キリストの変容」です。 ラファエロ・サンティの集大成的な作品と言われています。 ラファエロは亡くなるまで本作品の制作に取り組んでいましたが完成前に亡くなってしまい、最後は彼の...
絵画

ルーベンス 眠る二人の子供

バロック期の代表的な画家で祭壇画などでダイナミックな作品を多くのこしたピーテル・パウル・ルーベンスが、仲の良かった兄の子供を描いた作品です。 この作品は、注文を受けて制作されたのではなく、大型油彩画の制作に向けた習作として描かれました。 東...
ヨハネス・フェルメール

ヨハネス・フェルメール 「ヴァージナルの前に座る女」

ヨハネス・フェルメールの最晩年の作品で、最後の作品とも考えられています。 また、現在ではフェルメールの真作との説が一般的ですが、偽物ではないかとの説も一部残っています。 最盛期の作品と比べると、スカートのひだの描写や質感の描写がフェルメール...
ヨハネス・フェルメール

ヨハネス・フェルメール 「ヴァージナルの前に立つ女」

オランダ黄金期の画家ヨハネス・フェルメールの最晩年の作品とされている「ヴァージナルの前に立つ女」です。 フェルメールの作品のなかでも部屋の中は明るく描かれ、作品「中断された音楽の稽古」や「窓辺で手紙を読む女」で描かれた画中画のキューピットも...
レンブラント・ファン・レイン

レンブラント 「ガラリアの海の嵐」

17世紀のオランダ バロック絵画の巨匠 レンブラント・ファン・レインの唯一の海景画であり、1990年にボストンにあるイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館から盗難されてしまい、未だに発見されていない作品です。 この作品は、聖書のなかの話の...
絵画

ルノワール アンリオ夫人の肖像

印象派の代表的画家ピエール=オーギュスト・ルノワールは、まだ駆け出しのころ上流階級からの注文が来ることを期待して若い人気女優をモデルに肖像画を描いていました。 アンリオット・アンリオはそのなかの女優の一人で、ルノワールは彼女をモデルに11点...
絵画

クロード・モネ 昼食

フランス印象派の代表的な画家クロード・モネは「昼食」という題名で2点の作品を制作しています。 1点は1868年にモネがフランスのエトルタに滞在していたときに制作、もう1点はモネがアルジャントゥイユで家を借りて暮らしていた時期に自身の家族の生...