2024-07

絵画

ディエゴ・ベラスケス 「ヨセフの衣を受けるヤコブ」

17世紀のスペイン宮廷画家で後年のエドゥアール・マネから”画家の中の画家”など、後年の画家たちに大きな影響を与えた画家ディエゴ・ベラスケスの作品「ヨセフの衣を受けるヤコブ」です。 本作品はスペイン宮廷画家として技術の研鑽や外交など任務の為、...
絵画

メアリー・カサット 「沐浴する女性」

印象派画家とされるアメリカ人女性画家メアリー・カサットの版画作品「沐浴する女性」です。 カサットはアメリカ人ですが、主にヨーロッパで活躍、当時パリで大流行していた日本の浮世絵の影響を受けて制作された作品です。 カサットは、同じ印象派画家とさ...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「飲んだくれ(オノレ・ドーミエを模して)」

フィンセント・ファン・ゴッホは、レンブラントやドラクロワ、ミレーなどの画家の作品の模写を複数していますが、風刺画家のオノレ・ドーミエの作品「飲んだくれ」も模写しています。 ゴッホはオノレ・ドーミエを高く評価していたようです。 ゴッホの模写は...
絵画

アルフレッド・シスレー 「ヴィルヌーヴ=ラ=ガレンヌの橋」

最も印象派的な画家とカミーユ・ピサロにも言われているアルフレッド・シスレーの作品「ヴィルヌーヴ=ラ=ガレンヌの橋」です。 シスレーはイギリス人ですがパリで生まれ、パリで活動、クロード・モネやルノワールなどのその後、印象派となる画家達と交流、...
絵画

ベルト・モリゾ 「化粧をする後ろ向きの若い女性」

印象派の女流画家で、当時では珍しく結婚後も画家として活躍が出来たベルト・モリゾの作品「化粧をする後ろ向きの若い女性」です。 「鏡の前の女性」「化粧室の婦人」とも呼ばれています。 本作品はモリゾが師事したエドゥアール・マネの弟ウジエーヌ・マネ...
絵画

ハブリエル・メツ― 「手紙を書く男」

17世紀オランダ黄金期の画家ハブリエル・メツ―の作品「手紙を書く男」です。 ヨハネス・フェルメールをはじめオランダ黄金期の画家達は”手紙”を題材にした作品を多く制作しています。 ”手紙”を題材にした作品の主人公は女性が描かれることが多いです...
ディエゴ・ベラスケス

ディエゴ・ベラスケス 「ウルカヌスの鍛冶場」

17世紀に活躍したスペイン宮廷画家ディエゴ・ベラスケスの作品「ウルカヌスの鍛冶場」で、ギリシア神話を題材にした作品です。 ウルカヌスとはギリシア神話の火と鍛冶の神の事です。 ベラスケスが1629~1631年と1649~1650年にスペイン宮...
絵画

エドガー・ドガ 「ダンス教室」

印象派の創設時からのメンバーでバレエの踊り子の作品を多数制作したエドガー・ドガの作品「ダンス教室」です。 裕福な家庭の出身のドガは、オペラ座の会員として踊り子の楽屋や稽古場へ入ることができ、多くの作品が稽古中など準備中の踊り子を描いています...
絵画

ピエール=オーギュスト・ルノワール 「食後」

印象派の代表的画家であるピエール=オーギュスト・ルノワールの作品「食後」です。 「昼食後」と呼ばれることもあります。 ルノワールは、印象派の代表的画家ですが独自の画風を確立していき、特に人物描写をした作品を多く制作、印象派では使用を避ける黒...
絵画

エドガー・ドガ 「レース前のジョッキー」

印象派の画家でバレエの踊り子を作品を多く制作した印象が強いドガですが、バレエの踊り子同様に競馬の様子を描いた作品も多く制作しています。 当時、イギリスからフランスに入ってきた競馬は上流階級の娯楽として人気が出て、ドガも好んで観戦していたよう...