ラファエロ・サンティ

ラファエロ・サンティ作品

ラファエロ・サンティ

ラファエロ・サンティ 「仔羊のいる聖家族」

ルネサンス盛期、レオナル・ド・ダヴィンチ、ミケランジェロとともに三大巨匠とされたラファエロ・サンティの作品「仔羊のいる聖家族」です。 ラファエロは聖母子像を多く制作しており、聖母子の画家と呼ばれるほどです。 本作品では聖母子のほかに父親とな...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ・サンティ 「聖母の結婚」

ルネサンス盛期の三巨匠のうちの一人ラファエロ・サンティの初期の作品「聖母の結婚」です。 ラファエロが若いころに師事したピエトロ・ペルジーノの同名作品「聖母の結婚」を踏襲しながらも、より洗練された作品となっており、ラファエロの才能や技術を示す...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ 「テッラヌオーヴァの聖母」

ルネサンス盛期の巨匠で聖母の画家と言われたラファエロ・サンティの初期の作品「テゥラヌオーヴァの聖母」です。 「聖母子と幼児の洗礼者聖ヨハネ、子供の聖人」とも言われています。 本作品には元となる素描も確認されており、素描から本作品への変更が判...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ・サンティ 「騎士の夢」

盛期ルネサンスを代表する画家ラファエロ・サンティがローマ帝国時代の第二次ポエニ戦争の英雄スキピオに関する逸話を描いた作品「騎士の夢」です。 スキピオはローマ帝国の将軍でカルタゴの将軍ハンニバルを破った将軍としてローマにとっては英雄的な人物で...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ・サンティ 魚の聖母

聖母子の画家と呼ばれ多くの聖母子像の作品をのこした盛期ルネサンス期の巨匠ラファエロ・サンティの作品「魚の聖母」です。 魚を手にする若者トビアスが描かれていることから「魚の聖母」と呼ばれるようになったようです。 若者トビアスは大天使ラファエル...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ 「カニジャー二の聖家族」

盛ルネサンスの巨匠で聖母の画家と呼ばれたラファエロ・サンティの作品「カニジャー二の聖家族」です。 カニジャー二とは、本作品の最初に所有したイタリア フィレンツェの貴族の名前です。 18世紀に作品上部の天使たちが塗りつぶされてしまったのですが...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ 友人との自画像

ルネサンス盛期の巨匠 ラファエロ・サンティが亡くなる1-2年前に制作した作品とされる「友人との自画像」です。 「友人のいる自画像」「二人の肖像」「二重肖像」とも呼ばれている作品です。 ラファエロは色彩豊かな作品が多いですが、本作品は色彩を抑...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ 「一角獣を抱く貴婦人」

盛期ルネサンス期の巨匠の一人、ラファエロ・サンティの作品で、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」の影響を受けた作品とされています。 また、本作品はラファエロの師であるペルジーノの作品であると誤認され題名も「アレクサンドリアの聖カタリナ」...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ キリストの変容

ルネサス盛期の巨匠の一人ラファエロ・サンティの最後の作品とされる「キリストの変容」です。 ラファエロ・サンティの集大成的な作品と言われています。 ラファエロは亡くなるまで本作品の制作に取り組んでいましたが完成前に亡くなってしまい、最後は彼の...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ ガラテイアの勝利 

ルネサンス期の巨匠ラファエロ・サンティの作品で、当時の裕福な銀行家の別荘の壁に描かれた作品です。 計算された画面構成となっており、中央の女神(ガラテイア)を中心に渦巻くように周りが描写されており、中央に視線を誘導されます。 また、特徴的なイ...