絵画

エドガー・ドガ 「バーで練習する踊り子たち」

印象派の創設からのメンバーで、印象派展の開催などにも尽力したエドガー・ドガの作品「バーで練習する踊り子たち」です。 「バーにつかまる踊り子たち」とも呼ばれています。 基本的に戸外で作品制作を行い光の描写を重視する印象派の画家達ですが、ドガは...
絵画

ジョルジュ・スーラ 「サーカスの客寄せ」

点の集合による配色により色と色が交じり合わない描写を行う点描描写を確立させてジョルジュ・スーラの作品「サーカスの客寄せ」です。 「サーカスのパレード」とも呼ばれています。 それまで屋外の描写が多かったスーラですが、夜のガス灯の弱い光の下の人...
絵画

クロード・モネ 「エプト川のボート遊び」

印象派の代表的画家クロード・モネの作品で、後のモネの代表作である「睡蓮」の連作に通じる試みが見られる作品「エプト川のボート遊び」です。 作品中に描かれているボートの上の女性二人は、モネの再婚相手の連れ子の娘二人です。 モネは、パリから70k...
絵画

ベルト・モリゾ 「バルコニーの女と子ども」

印象派の代表的な女流画家ベルト・モリゾの作品「バルコニーの女と子ども」です。 女性の目線から母親と子供の様子を描いた作品が多いベルト・モリゾですが、本作品も女性と子どもを描いています。 作品に描かれている場所は、モリゾ家のバルコニーで女性は...
絵画

ピーテル・デ・ホーホ 「ゆりかごの横で胴着を結ぶ女性」

ヨハネス・フェルメールと同時代、また、同じオランダのデルフトで活躍し、フェルメールにも大きな影響を与えたピーテル・デ・ホーホの作品「ゆりかごの横で胴着を結ぶ女性」です。 17世紀オランダ黄金期では、貿易を通じて市民たちが力を持つようになり、...
絵画

フランソワ・ブーシェ 「化粧」

18世紀フランスのロココ期の代表的画家フランソワ・ブーシェの作品「化粧」です。 「化粧」はブーシェの友人でもありパトロンでもあったスウェーデン大使から依頼をうけた四連作の内の一作です。 スウェーデン大使からの依頼は、上流階級の婦人の一日を連...
絵画

フランス・ファン・ミーリス 「真珠を繋ぐ女性」

17世紀オランダ黄金期の画家フランス・ファン・ミーリスの作品「真珠を繋ぐ女性」です。 ミーリスは同じオランダの画家でバロック絵画の巨匠レンブラント・ファン・レインの光と影の描写を継承しつつもオランダ黄金期の特徴の風俗画を多く描いています。 ...
絵画

ヘラルト・テル・ボルフ 「手を洗う女」

17世紀のオランダ黄金期の画家ヘラルト・テル・ボルフの作品「手を洗う女」です。 ヨハネス・フェルメールなどと同時代の画家ですが、テル・ボルフはヨーロッパ各地を旅しており、スペインでは騎士の称号も与えられています。 オランダ黄金期では、それま...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「レストランの内部」

ゴッホは、出身地でもあるオランダで、働く農民達を題材に作品を多く制作していましたが、画商の弟テオを頼ってパリに出ています。 本作品「レストランの内部」は、ゴッホがパリに出て描いた作品で、パリで出会った若い画家たちに大きな影響を受けて描いた作...
絵画

ベルト・モリゾ 「ブージヴァルの庭のウジェーヌ・マネと娘(田舎にて)」

印象派の代表的画家であり、当時ではまだ珍しかった女流画家のベルト・モリゾの作品「ブージヴァルの庭のウジエーヌ・マネと娘(田舎にて)」です。 ブージヴァルとはパリ郊外セーヌ河岸の行楽地でアルジャントゥイユ同様、パリ近郊の行楽地で他の印象派画家...