アルテミジア・ジェンティレスキ ホロフェルネスの首を斬るユディト

絵画

カラヴァッジョ派(カラバジェスキ)の代表的画家で、当時としてはめずらかった女性画家のアルテミジア・ジェンティレンスキの代表作「ホロフェルネスの首を斬るユディット」です。

この題材は多くの画家に描かれた旧約聖書の「ユディット記」という話の一場面です。

カラヴァッジョを代表にバロック画家に多く描かれたようです。

アルテミジアは、カラヴァッジョの作品をもとにさらに迫力はる作品に仕上げています。

作品 ホロフェルネスの首を斬るユディット

ホロフェルネスの首を斬るユディット
1620年頃

1620年頃
アルミテジア・ジェレンティスキ
「ホロフェルネスの首を斬るユディット」
ウフィツィ美術館蔵(イタリア フェレンツェ)」

ベトリアという町がアッシリア軍に包囲された際に、町の住人で未亡人のユディットが侍女とともに敵に乗り込み敵将のホロフェルネスを誘惑、酒を飲ませ寝込んだ際に首を斬る場面です。

アルミテジアは、カラヴァッジョの同名の作品を参考にして描いたと考えられています。

カラヴァッジョの「ホロフェルネスの首を斬るユディット
1598-1599年

1598-1599年
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ
「ホロフェルネスの首を斬るユディット」
国立古典絵画館蔵(イタリア ローマ)

アルテミジアは、著名な画家となっていた父親のオラツィオ・ジェンティレスキに絵画を学びます。

オラツィオカラヴァッジョととても親しく親交があり、カラヴァッジョから大きな影響を受けていました。

アルテミジアも父親を経由する形でカラヴァッジョの影響を受け、カラヴァッジョ派(カラバジェスキ)の代表的画家となっています。

ユディットの左腕のブレスレットにはローマ神話の女神ディアーナが描かれており、ディアーナのギリシア名はアルテミスであることから、作者がアルテミジアであることを示しています。

首を斬りに行くところと切り落とした後の作品

アルミテジアはユディットが侍女とホロフェルネスの首を斬りに行く場面と切り落とした後の場面も作品にしています。

アルミテジアは、最初にホロフェルネスの首を斬り落とした後の場面のユディットと侍女を描いています。

ユディットとその侍女
1614-1620年

1614-1620年
アルミテジア・ジェンティレンスキ
「ユディットとその侍女」
ピッティ美術館蔵(イタリア フィレンツェ)

その後、「ホロフェルネスの首を斬るユディット」を制作した3年ほど後に敵将の首を斬りに行くユディットと侍女を描いています。

ユディットと侍女
1623-1625年

1623-1625年
アルミテジア・ジェンティレンスキ
「ユディットと侍女」
デトロイト美術館蔵(アメリカ デトロイト)

ユディットと侍女が将軍ホロフェルネスの首を斬る場面や前後の場面のアルミテジアの作品はカラヴァッジョと比較してもとても迫力があります。

アルミテジアは、父親の弟子の画家に18歳の時にレイプをされてしまい、その復讐の意味を作品に込めているとも言われています。

アルミテジアは事件後、父親の配慮からも知名度の低い画家と結婚しローマからフィレンツェに移り画家ととして活躍します。

フィレンツェでは、メディチ家からの知己もえています。また、ガリレオ・ガリレイとの手紙のやりとりお残っています。

絵画の女神としての自画像
1630年代

1630年代
アルミテジア・ジェンティレンスキ
「絵画の女神としての自画像」
ロイヤルコレクション(イギリス ウィンザー)

知識ゼロからの西洋絵画入門 [ 山田五郎 ]

価格:1,430円
(2022/8/27 19:28時点)
感想(12件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました