ゴッホ ジャガイモを食べる人々

絵画

フィンセント・ファン・ゴッホの画家のキャリア初期の作品の「ジャガイモを食べる人々」です。

ゴッホは、本作品を制作するにあたり習作を制作したうえリトグラフも制作しています。

パリに出て印象派などの影響を受ける前の作品で、ゴッホの特徴的な鮮やかな黄色や青色の使用は見られず全体的に暗い色彩となっています。

本作品は「馬鈴薯を食べる人々」「食卓に着いた5人の農民」とも呼ばれています。

作品:ジャガイモを食べる人々

ジャガイモを食べる人々
1885年

1885年
フィンセント・ファン・ゴッホ
「ジャガイモを食べる人々」
ファン・ゴッホ美術館蔵(オランダ アムステルダム)

ゴッホは、当初、牧師になることを目指し炭鉱地帯で牧師として就労するなど貧しい労働者の生活を見て、彼らに対して共感を受けていました。

本作品に対しては、暗すぎるとの批判もあり、ゴッホを支えた弟のテオもあまり評価していなかったようです。

作品の左側には若い男女がジャガイモにフォークをさしながら会話をしている様子です。

右側の年配の男女はカップにコーヒーのような物を注いで、飲んでいる様子が描かれており、中央に少女の後ろ姿を描いて左右を連結させる効果を持たせています。

本作品を制作するにあたり、ゴッホを習作を描いています。

ジャガイモを食べる人々(習作1作目)
1885

1885年
フィンセント・ファン・ゴッホ
「ジャガイモを食べる人々(習作1作目)」
個人所蔵

ジャガイモを食べる人々(習作2作目)
1885年

1885年
フィンセント・ファン・ゴッホ
「ジャガイモを食べる人々(習作2作目)」
クレラー・ミューラー美術館蔵(オランダ)

着想を得た作品

ゴッホはベルギー人画家で下層階級の人々の生活を描いたシャルル・ド・グルーを評価しており、特に作品「夕食前の祝福」を賞賛していました。

夕食前の祝福
1861年

1861年
シャルル・ド・グルー
「夕食前の祝福」

ゴッホは、グルーの「夕食前の祝福」から着想を得て「ジャガイモを食べる人々」を制作したのではないかとも言われています。

BESPIN 単眼鏡 美術鑑賞専用! 4倍うす暗い館内でも「明るく」「はっきり」作品を愉しめる アーツモノキュラー 4×12

価格:3,980円
(2022/10/1 21:13時点)
感想(58件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました