セザンヌ 5枚のカード遊びをする人々

絵画

ポール・セザンヌは「カード遊びをする人々」を5点、作成しています。

作品の大きさや描かれる人の数など、それぞれ異なりますが、セザンヌはこの5点の作品のために膨大な下絵やドローイングを残しています。

そのうちの1点は、2011年にカタール王族が当時の絵画の最高価格で購入しています。

バーンズ財団の「カード遊びをする人々」

カード遊びをする人々
(1890-1892年)

1890-1892年
ポール・セザンヌ
「カード遊びをする人々」
バーンズ・コレクション蔵(アメリカ フィラデルフィア)
 

本作品が5点のうち、一番大きいもので34.6 x 180.3 cmのカンヴァスの中に5人が描かれています。

奥でパイプをくわえ立っている男は、作品に奥行きをもたせ、鑑賞者の目を上に向けるために描かれたと言われています。

メトロポリタン美術館の「カード遊びをする人々」

カード遊びをする人々
(1890-1892年)

1890-1892年
ポール・セザンヌ
「カード遊びをする人々」
メトロポリタン美術館蔵(アメリカ ニューヨーク)

この作品は、最初の作品の半分程の大きさで、奥でゲームを見ていた少年がいなくなっています。

また額縁もなくなり、後の3点の作品では、不要なディテールをそぎ落としているのですが、その途上の作品だと思われます。

オルセー美術館の「カード遊びをする人々」

カード遊びをする人々
(1894-1895年)

1894-1895年
ポール・セザンヌ
「カード遊びをする人々」
オルセー美術館蔵(フランス パリ)

5点のなかで、最も有名な作品です。5点のなかで最も小さい作品です。

本作品は、1961年に盗難に会いますが、代金が支払われたため返却されました。

コートールド・ギャラリーの「カード遊びをする人々」

カード遊びをする人々
(1892-1895年)

1892-1895年
ポール・セザンヌ
「カード遊びをする人々」
コートールド・ギャラリー蔵(イギリス ロンドン)

カタール王族の「カード遊びをする人々」

カード遊びをする人々
(1892-1893年)

1892-1893年
ポール・セザンヌ
「カード遊びをする人々」
カタール王族所有

2011年にギリシャの海運王からカタール王族が約300億円から約350億円で購入したと言われています。

対の表現

後半3点の作品は、中央のカードを中心にして左右のコントラストが表現されています。

帽子のつばが下向き、上向き。パイプをくわえている、いない。

また、右側の男性に光があたり明るく描かれていますが、手元のカードは暗くなっています。

左右の違いを中心にあるカードが結んでいる構造となっています。

https://amzn.to/3X7tDDJ

コメント

タイトルとURLをコピーしました