ティツィアーノ 鏡の前の女性

絵画

盛期ルネサンス期のヴェネチア派の代表的画家ティツィアーノ・ヴェチェッリオの初期の作品です。

ヴェネチア派は、デッサンを重視してルネサンス美術の中心となったフィレンツェ派に対して、ヴェネチア周辺で活躍した流派で構図と色彩の調和などを重視した流派です。

ティツィアーノは、本作品と同じモデルで他の作品を何作か制作しています。

本作品でティツィアーノはフランドル地方起源でヤン・ファン・エイクの「アルノルフィーニ夫妻像」で描かれた凸面鏡をモチーフに描いています。

鏡の前の女性

鏡の前の女
1515年頃

1515年頃
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
「鏡の前の女」
ルーヴル美術館蔵(フランス パリ)

本作品では鏡などの楕円形をリズミカルに利用し視線などの直線を利用し調和をとった構図となっています。

楕円を螺旋のように配置した構図をとって直線でバランスをとったような構図となっています。

ティツィアーノは作品内に凸面鏡を描き鏡の中に窓と女性の後ろ姿が描かれています。

女性が手に持っているのは、当時ヴェネチアで一般的に使用されていた髪を脱色するためのローションと考えられています。

同じ女性がモデルの作品

当時は同じモデルで他の作品を描くことが一般的でした。

ティツィアーノのも同じ女性をモデルに作品を制作しています。

フローラ
1515年頃

1515年頃
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
「フローラ」
ウフィツィ美術館(イタリア フィレンツェ)

ヴァニティ
1515-1516年頃

1515-1516年頃
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
「ヴァニティ」
アルテ・ピナコーク(ドイツ ミュンヘン)

モデルの女性についてはいろいろな説はあるのですが、判明していません。

知識ゼロからの西洋絵画困った巨匠たち対決 [ 山田五郎 ]

価格:1,430円
(2022/9/1 00:38時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました