ピーテル・デ・ホーホ

絵画

ヨハネス・フェルメールと同時代、フェルメール同様にオランダのデルフトを拠点に活躍した風景画家です。

フェルメールとも面識があったとされ、フェルメールの作品に影響を与えたと言われています。

実際、両者の作品には多くの似たような作品があります。

フェルメールへの影響

デ・ホーホの初期の作品は、人物の表情に重点を置き背景をばやかすような画風でしたが、1656年から1657年頃から急激に変化します。

遠近法を用いた室内空間に人物を配置する、今では、フェルメールの絵をイメージする構図を用いるようになります。

1.フェルメールに影響を与えた作品 「カード遊びをする2人の兵士とパイプを詰める女」

ピエール・デ・ホーホ
カード遊びをする2人の兵士とパイプを詰める女
(1658年頃)

1658年頃
ピーテル・デ・ホーホ
「カード遊びをする2人の兵士とパイプを詰める女」

ヨハネス・フェルメール
兵士と笑う女
(1657-1659年頃)

1657-1659年頃
ヨハネス・フェルメール
「兵士と笑う女」
フリック・コレクション(アメリア ニューヨーク)

2.フェルメールに影響を与えた作品「二人の士官と女」

ピエール・デ・ホーホ
男二人、給仕の女と杯を交わす女
(1658年頃)

1658年
ピエール・デ・ホーホ
「二人の士官と女」
ナショナル・ギャラリー(イギリス ロンドン)

ヨハンネス・フェルメール
紳士とワインを飲む女
(1658-1660年)

1658-1660年
ヨハネス・フェルメール
「紳士とワインを飲む女」
絵画館(ドイツ ベルリン)

3.フェルメールに影響を与えた絵「金貨を量る女」

ピーター・デ・ホーホ
金貨を量る女
(1664年頃)

1664年頃
ピーター・デ・ホーホ
「金貨を量る女」
国立美術館(ドイツ ベルリン)

ヨハネス・フェルメール
天秤を持つ女
(1662-1665年)

1662-1665年
ヨハネス・フェルメール
「天秤を持つ女」
ナショナル・ギャラリー(アメリカ ワシントンD.C.)

窓から差し込む光と遠近法を使った表現は、デ・ホーホフェルメールより先に習得していたと思われています。

フェルメールは、デ・ホーホの作品を見ていたと思われ、大きく影響されたとされています。

知識ゼロからの西洋絵画史入門 [ 山田五郎 ]

価格:1,430円
(2021/12/12 15:56時点)
感想(7件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました