フェルメール 信仰の寓意

絵画

フェルメールの最晩年の作品と言われている、「信仰の寓意」です。

フェルメールの寓意画には、他に「絵画芸術」がありますが、「絵画芸術」に比べより簡略的・省略的な筆遣いになっています。

それまでのフェルメールの作品とは違い、バロック的な表現がなされていると言われています。

また、フェルメールはプロテスタント国のオランダの画家ですが、カトリック的な表現をこの作品でしています。

女性は信仰の寓意

フェルメール作品にしては、女性の表情やしぐさに不自然さがある女性像です。

実在の人物ではなく、信仰を表す寓意像です。

机の上には聖杯、聖書を暗示する大きな本が描かれています。

女性は天井から下がっている球体を見つめています、球体はフェルメールブルーのリボンで天井からつるされています。

球体は、キリスト教ではこの世の儚さ、虚しさを表します。球面はよく見ると室内が映り込んでいるように描かれています。

背後のキリストの絵

キリスト磔刑
1620年頃

1620年頃
ヤコーブ・ヨルダ―ンス
「キリストの磔刑」
レンヌ美術館蔵(フランス レンヌ)

作品の背後に描かれている絵は、ヤコーブ・ヨルダーンスの「キリストの磔刑」と考えられます。

フェルメールは、この絵の模写を所有していたようで、遺産目録に「十字架に架かるキリストを描いた絵」という記録が残っています。

地球儀と蛇

女性が踏みつけている地球儀は、世界を表し、イタリア人美術学者が記した寓意画集で描かれているものを描いていると言われています

また、押しつぶされている蛇は、キリスト教の原罪を表し、奥にリンゴが転がっています。

アダムとイブが蛇にそそのかされて、リンゴを食べてしまい楽園から追放された原罪を示しています。

プロテスタント国の画家 フェルメールは結婚を期にカトリックになったと考えられていますが、真相は不明です。

この作品では、以前の写実的なフェルメール作品と比べ宗教関連の寓意が多く描かれているのため、当時のオランダ内の絵画の需要に変化があったのかもしれません。

ビクセン 4倍単眼鏡 アートスコープ H4×12 レッド

価格:8,757円
(2022/1/27 21:16時点)
感想(10件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました