フェルメール 天秤の持つ女

絵画

この作品は、「金をはかる女」と呼ばれていたこともありましたが、調査の結果、天秤には何も乗せられていないことが判明しています。

画中の女性がはかっているものは、背後の壁に描かれている絵の「最後の審判」から人間の魂ではないかと考えられています。

手本とした絵

フェルメールは本作品を作成するにあったて、ピーテル・デ・ホーホの「金貨をはかる女」を手本としたと思われます。

金貨を量る女
(1664年頃)

1664年頃
ピーテル・デ・ホーホ
「金貨をはかる女」
国立美術館(ドイツ ベルリン)

デ・ホーホフェルメールと同時代、同地区で活躍した画家で、フェルメールとお互いに影響しあったと考えられています。

17世紀、コインを量る事は、悪貨を見分けるため過程の主婦もおこなっており、家計を守る主婦を称えいるものとしても描かれていました。

背後の絵「最後の審判」

画中の女性の背後には、世界の終末に大天使ミカエルが人間の魂を天秤ではかり、天国行きと地獄行きに振り分けるという「最後の審判」の絵が飾られています。

最後の審判
(1467-1471年頃)

1467-1471年頃
ハンス・メリック
「最後の審判」
グダニスク国立美術館(ポーランド グダニスク)

天秤を持つ女
(1662-1663年頃)

1662-1663年頃
ヨハネス・フェルメール
「天秤を持つ女」
ナショナル・ギャラリー(アメリカ ワシントンD.C.)

背後の絵の大天使ミカエルの姿が見えず、ちょうど、女性自身がその箇所に重なっており、女性が天秤で人の魂をはかっているようにも見えます。

テーブルの上に宝石箱が描かれ、真珠の首飾りが見えます。これらの宝飾品で現世の利益やむなしさを表現しています。

消失点で効果的に強調

カーテンに遮られて、ようやく入り込んできた光が女性の手と天秤を照らし、画中画の額のちょうど左下に配置し、女性の視線を向けることで、消失点として効果的に天秤を強調しています。

フェルメールとそのライバルたち 絵画市場と画家の戦略 [ 小林 頼子 ]

価格:2,860円
(2021/12/11 21:21時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました