マダムXの肖像 ジョン・シンガー・サージェント

絵画

イタリア フィレンツェ生まれのアメリカ人画家ジョン・シンガー・サージェントが、当時その美貌でパリ上流社会で有名となっていた女性を描いた作品です。

本作品は、サロンに出品されましたが、官能的過ぎる。娼婦の様だ。など強い批判をあびてしまいます。

多くの批判をうけたサージェントはパリを離れてしまい、ロンドンでその後の生涯を過ごすこととなりました。

作品:マダムXの肖像

マダムXの肖像
1884年

1884年
ジョン・シンガー・サージェント
「マダムXの肖像」
メトロポリタン美術館蔵(アメリア ニューヨーク)

当時、パリ社交界で有名となっていたアメリカ人バージニー・アメリ・アヴェーニョ・ゴートローという女性がモデルとなっています。

ゴートロー夫人はアメリカ生まれでしたがフランス人銀行家ピエール・ゴートロー結婚しパリで生活をはじめ、その美貌から有名な人物となったようです。

父親はアメリカ南北戦争で戦死、母親はフランスの貴族出身だったようです。

本作品は、当初「・・・夫人の肖像」とゴートロー夫人の名前を伏せて発表されましたが、すぐにモデルが誰かわかってしまい、人妻を官能的に描写していると批判を受けました。

発表時の作品は、片方のストラップが方から落ちて描かれており、批判を受け修正されています。

発表当時の作品

引用:メトロポリタン美術館

発表時は、肩のストラップを落として描かれており、当時の上流階級の人々にとってはショックだったようです。

サージェントは方のストラップを描き直しましたが、修正前の作品の印象が強く作品を売ることはできませんでした。

さらに題名を「マダムXの肖像」とよりモデルの匿名性がでる題名に変更し、ゴートロー夫人の死後、作品をメトロポリタン美術館に売却しました。

その際、サージェントは手紙に「この作品はいままでで一番傑作だった気がする」と記しています。

BESPIN 単眼鏡 美術鑑賞専用! 4倍うす暗い館内でも「明るく」「はっきり」作品を愉しめる アーツモノキュラー 4×12

価格:3,980円
(2022/5/16 17:07時点)
感想(53件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました