モネ 散歩、日傘をさす女

絵画

クロード・モネが妻のカミーユと息子のジャンを描いた作品です。

同じような構図で、2点、作品が制作されていてますが、描かれている女性はカミーユではありません。

「散歩、日傘をさす女」

1875年に制作され、同様にカミーユをモデルにした「ラ・ジャポネーズ」とともに1876年の第2回印象派展に出品されています。

散歩、日傘をさす女性
(1875年)

1875年
クロード・モネ
「散歩、日傘をさす女性」
ナショナル・ギャラリー(アメリカ ワシントンD.C.)

鑑賞者が女性と子供を斜め下から仰ぎ見る構図で描かれています。

印象派の特徴である光の描写がよくされており、白いドレスが逆光で青白く描かれています。

戸外制作で、数時間で制作さえたとされています。

ラ・ジャポネーズ
(1876年)

1876年
クロード・モネ
「ラ・ジャポネーズ」
ボストン美術館蔵(アメリカ ボストン)

この日傘をさす女を制作した4年後、1879年にカミーユは他界してしまいます。

他の作品

他の2点は、「戸外の人物習作(左向き)」「戸外の人物習作(右向き)」で、カミーユの死後に結婚した妻の連れ後をモデルに描いています。

戸外の人物習作(左向き)
(1886年)

1886年
クロード・モネ
「戸外の人物習作(左向き)」
オルセー美術館蔵(フランス パリ)

戸外の人物習作(右向き)
(1886年)

1886年
クロード・モネ
「戸外の人物習作(右向き)」
オルセー美術館蔵(フランス パリ)

カミーユをモデルにした最初の作品は、ベールの下にカミーユの顔が判別できるように描かれていますが、この2点の作品では、顔の表情はほとんどわかりません。

この2点は、カミーユが他界して6年後に制作されましたが、モネは、カミーユを想い描いたとも言われています。

ビクセン 4倍単眼鏡 アートスコープ H4×12 レッド

価格:9,630円
(2022/1/19 23:53時点)
感想(10件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました