浮世絵 「揃い物」

浮世絵

江戸時代、庶民の娯楽と情報源となっていた浮世絵。

その浮世絵を企画、宣伝、販売といいたプロデュースを行っていたのが版元です。

浮世絵の販売が版元の経営に直結していたことから、版元はいろいろな工夫やアイディアで浮世絵の販売を図りました。

その販売戦略の一つが「揃い物」です。

いわゆるシリーズもので、もともとは一枚売りだった浮世絵をシリーズ化しました。

一枚買うと次も気になり、また次も気になる。

江戸の人々のコレクター心をくすぐって販売につなげました。

葛飾北斎「富嶽三十六景」

世界で一番有名な日本画ともいえる「神奈川沖浪裏」を含む、揃い物です。

「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

当初は36点のシリーズものとしてスタートしましたが、売れ行き好調のため46点となりました。

「富嶽三十六景 凱風快晴」(かいふうかいせい)

「富嶽三十六景 凱風快晴」

「富嶽三十六景 尾州不二見原」

「富嶽三十六景 尾州不二見原」

歌川広重「東海道五十三次」

東海道にあった53の宿場町と出発点の日本橋、終点の京都を加えた全55枚のシリーズものです。

1833年からはじまり、歌川広重の出世作となりました。

「東海道五十三次 日本橋」

「東海道五十三次 日本橋」

「東海道五十三次 庄野」

「東海道五十三次 庄野」

「東海道五十三次 草津」

「東海道五十三次 草津」

歌川広重「江戸名所百景」

歌川広重、最晩年の作品で死の直前まで制作が続けられた代表作です。

119点からなるシリーズもので、1856年からスタートし5年10ヵ月かけて制作されました。

「ジャポニズム」の代表的作品として西洋画家に大きな影響を与えた作品群です。

「大はしあたけの夕立ち」
ゴッホの模写も有名

「大はしあたけの夕立ち」

「水道橋駿河台」

「水道橋駿河台」

「小梅堤」

「小梅堤」

「江戸名所百景」は斬新な構図が多く、風景浮世絵としての完成度は随一といわれ、人気を得ました。

1854年 江戸は安政の大地震で大きな被害を受けており、「江戸名所百景」は、復興を祈念した意図もある作品ではないかとも言われています。

https://amzn.to/3VkOwtK

コメント

タイトルとURLをコピーしました