画家や絵画

絵画

へラルト・テル・ボルフ 「一杯のレモネード」

17世紀 オランダ黄金期の画家へラルト・テル・ボルフの作品「一杯のレモネード」です。 テル・ボルフは肖像画や風俗画で当時のオランダの人々やその様子を描いており、本作品では娼婦と男性、それを仲介する老女(取り持ちの女)が描かれています。 当時...
絵画

ギュスターヴ・カイユボット 「窓辺の若い男(バルコニーの男)」

印象派の画家とされていますが作品は写実的な作品が多いギュスターヴ・カイユボットの作品「窓辺の若い男」です。 「バルコニーの男」と呼ばれている場合もあります。 実家が上流階級のカイユボットは、若くまだ世に認められていない印象派の画家達を経済的...
絵画

カミーユ・ピサロ 「リンゴの収穫 エラニー」

若い画家が多い印象派のなかで、仲間たちをまとめる様な重要な役割を担っていたカミーユ・ピサロの作品「リンゴの収穫 エラニー」です。 エラニーとは、パリから西北100Km程に位置する小さな村の名前で、ピサロは1884年から20年程住んでいた場所...
絵画

ムリーリョ 「犬を連れた少年」

17世紀 バロック期のスペイン絵画を代表する画家バルトロメ・エステバン・ムリーリョの風俗画「犬を連れた少年」です。 ムリーリョは、スペイン セビーリャで生まれ画家として活動します。セビーリャは1649年に流行したペストの影響もあり経済的に疲...
絵画

エドゥアール・マネ 「アトリエの昼食」

19世紀、近代化が進むフランスの様子を描くとともに革新的な作品を多く発表し、印象派の先駆的役割を果たしたエドゥアール・マネの作品「アトリエの昼食」です。 本作品「アトリエの昼食」はマネの作品のなかでも、画家が表現しようと意図がわからず、画家...
絵画

クロード・モネ 「サン=ラザール駅」

印象派の巨匠クロード・モネが描いたフランス最初のターミナル駅「サン=ラザール駅」です。 モネは水面の光の揺らめきや光の移り変わりなどを描くことに情熱を向けてた画家で、自然の様子を描いた作品が多いですが、本作品は当時の近代化の象徴である汽車や...
絵画

メアリー・カサット 「バルコニーにて」

印象派の代表的な女流画家のひとりメアリー・カサットのキャリア初期の作品「バルコニーにて」です。 カサットはアメリカ人画家ですがキャリア前半はヨーロッパ各地での制作活動が主なものとなっています。 本作品「バルコニーにて」もスペイン滞在期にスペ...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「アルルのダンスホール」

ポスト印象派、後期印象派と呼ばれるフィンセント・ファン・ゴッホの作品「アルルのダンスホール」です。 ゴッホは、画家達との共同生活を夢見てパリから南仏アルルへ移住します。 共同生活できたのは結局ポール・ゴーギャンだけでしたが、共同生活の間は互...
絵画

ポール・ゴーギャン 「アルルの老婦人」

物の輪郭を明確にし、色彩によって対象物を表現しようとしたクロワニズム(総合主義)を確立したとされれるポール・ゴーギャンの作品「アルルの老婦人」です。 ゴーギャンは、フィンセント・ファン・ゴッホと南仏アルルで2ヵ月ほど共同生活をしており、2人...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「オーヴェルの教会」

19世紀 ポスト印象派の画家とされるフィンセント・ファン・ゴッホの晩年の作品「オーヴェルの教会」です。 ゴッホは、故郷のオランダを出た後、パリや南仏アルルなどで過ごしましたが、最後はパリから北西に30kmほど離れた農村のオーヴェル=シュル=...