画家や絵画

絵画

新古典主義とロマン主義

19世紀初頭、相反する画風が対立する状況が30年ほど続きました。 デッサンを重視しルネッサンス期を規範とし、写実性を特徴とした新古典主義と感性的、情熱的な画家自身の感覚を重視すし、実際の事件も描くロマン主義が対立していました。 (adsby...
絵画

ドラクロワ 民衆を導く自由の女神 

ウジェーヌ・ドラクロワがパリ7月革命をテーマに描いた「民衆を導く自由の女神」です。 各々の画家が描きたいものを描く自由を求めたロマン主義の代表的画家ドラクロワは、自由を求めて蜂起した民衆の姿を描きました。 民衆を導く女神 中央で三色旗を振り...
浮世絵

浮世絵の「初摺り」と「後摺り」

版画の浮世絵では、最初の版木で摺られたものを「初摺り」と言われます。 浮世絵は、一日当たり200枚ほど摺られ、ヒット作となると追加でどんどん摺られ、大ヒット作の歌川広重「東海道五十三次」になると一万枚以上摺られたと言います。 しかし、木版画...
浮世絵

浮世絵 「揃い物」

江戸時代、庶民の娯楽と情報源となっていた浮世絵。 その浮世絵を企画、宣伝、販売といいたプロデュースを行っていたのが版元です。 浮世絵の販売が版元の経営に直結していたことから、版元はいろいろな工夫やアイディアで浮世絵の販売を図りました。 その...
絵画

背中を長く描いて美を表現「グランド・オダリスク」 

19世紀のフランス新古典主義の画家ドミニク・アングルが描いた作品。 「グランド・オダリスク」 発表当時、伸長されたプロポーション、不自然な体つきから多くの批判をあびました。 ドミニク・アングル フランス南西部生まれで、新古典派の巨匠ジャック...
絵画

ルドン 一つ目の怪物 

19世紀の想像や幻想などを描く象徴主義の画家オディロ・ルドンがギリシア神話の物語を題材に描いた作品です。 一つ目の巨人族ポリュフェモスという怪物がガラテイアという美しい海の精に恋をします。 しかし、ガラテイアが愛していたのはアキスという美青...
絵画

ロートレック 「ムーラン・ルージュのラ・グリュ」

ムーラン・ルージュというナイトクラブの宣伝の為に描かれてポスターです。 パリの街に貼り出されるや大変な評判になり、作者のロートレックを一躍時代の寵児とした作品です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ...
絵画

マネの「鉄道」

19世紀の画家たちは、都市生活の象徴として鉄道を好んで描いていました。 エドゥアール・マネも鉄道という題名の作品を残していますが肝心の鉄道は描かれていません。 作品のモデル 作品の舞台は、パリのサン=ラザール駅としています。 当時、同駅周辺...
絵画

ムンクの叫びは、5パターンあります。

とても有名なエドヴァルト・ムンクの「叫び」。 男が叫んでいる絵と思われている方も多いですが、男は両手で耳をふさいでいるところを描いた作品です。 ムンクはこの作品と同じ構図で、4点、異なる手法で制作しています。 また、不安をテーマにした作品を...
絵画

ボスの「快楽の園」

16世紀初頭のヨーロッパは、ルターの 宗教改革が起こる手前。 多くの教会や修道院が堕落した状況でした。 そんな状況下で、教会を含めた社会への批判を 描いた画家がボスです。 ヒエロニムス・ボス 作者のヒエロニムス・ボスは、敬虔なクリスチャンで...