絵画

絵画

フレデリック・バジール 「ピンクのドレス」

南仏モンペリエの裕福な家庭の出身であったバジールは、自身で作品制作するとともに後の印象派の画家となる若者達を経済面でも支援しました。 本作品「ピンクのドレス」はバジールが23歳の時に制作したキャリア最初期の作品です。 バジールは1870年に...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「赤ん坊を抱いた炉端の女」

ポスト印象派で独特のタッチで作品制作をしたフィンセント・ファン・ゴッホの模写作品「赤ん坊を抱いた炉端の女」です。 ゴッホは、南仏アルルでのゴーギャンとの共同生活が破綻して後、精神を病みアルルから20kmほど離れたサン=レミの療養所に入療しま...
絵画

ロートレック 「ムーラン通りのサロンにて」

南フランスの名門貴族の家に生まれたロートレックですが、子供頃に両足を骨折したことをきっかけに下半身の成長がとまってしまう病を患います。 そのことから差別を受けたりしていたロートレックは、娼婦などの夜の世界の女性たちの境遇に共感を持ち、昼は作...
絵画

ポール・ゴーギャン 「海辺に立つブルターニュの少女たち」

太い輪郭線、遠近法にとらわれない平面的描写、鮮やかな配色などのクロワニズムを確立した一人とされるポール・ゴーギャンの作品「海辺に立つブルターニュの少女たち」です。 ブルターニュは、フランス北西部の大西洋につきでた半島で、古代のケルト文化を残...
絵画

ヴィルヘルム・ハンマースホイ 「ピアノを弾く妻イーダ」

19世紀末期から20世紀初期デンマークで活躍し、北欧のフェルメールとも呼ばれているヴィルヘルム・ハンマースホイの作品「ピアノを弾く妻イーダ」です。 作品名にあるように妻のイーダをモデルに静謐な室内をモノトーンを基調に描いた作品です。 ハンマ...
絵画

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 「新生児」

17世紀前半、バロック全盛期のフランス人画家ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの作品「新生児」です。 「キリストの降誕」と呼ばれる場合もあります。 バロックの巨匠カラヴァッジョの影響を受け強い明暗対比を用いた作風ですが、ローソクの炎の光の描写など...
絵画

ジョン・シンガー・サージェント 「エル・ハレオ」

主にパリやロンドンで活躍したアメリカ人画家ジョン・シンガー・サージェントの作品「エル・ハレオ」です。 エル・ハレオとは、フラメンコでの掛け声のことで、本作品はサージェントがスペインを訪れた際に着想をえて制作された作品です。 作品の主役の踊り...
絵画

メアリー・カサット 「ル・フィガロを読む(画家の母の肖像)」

印象派の女性画家でアメリカ人でありながらもヨーロッパ中を回り作品制作をしたメアリー・カサットの作品「ル・フィガロを読む(画家の母の肖像)」です。 モデルは題名にもあるようにメアリー・カサットの母親です。 ル・フィガロはフランスで最も古い歴史...
絵画

ギュスターヴ・カイユボット 「床削り」

印象派の画家たちを作品の購入などを通じて経済面からも支援した、パリの上流階級出身のギュスターヴ・カイユボットのキャリア初期の代表作「床削り」です。 「床の鉋がけ」「床に鉋をかける人々」とも呼ばれる場合があります。 カイユボット初期の特徴とし...
絵画

エドガー・ドガ 「舞台の二人の踊り子」

エドガー・ドガは、印象派の創設時からのメンバーでもありながら、印象派的な画風ではなく古典的な画風を好み、印象派の画家が好んだ戸外でも作品制作を行っていません。 裕福な銀行家の出身のドガは、オペラ座の会員でもあり、オペラ座の楽屋や舞台裏へも入...