絵画

ドビーニー ボッタン号

フランス バルビゾン派の画家シャルル=フランソワ・ドビーニーの作品で、ドビーニーはその後の印象派誕生につながる役目を果たしました。 モネやピサロ、ルノワールなど当時、まだ批判されていた印象派の画家たちを評価し、自身が審査員をしていたサロンへ...
絵画

ミケランジェロ 聖家族

ルネサンス期の巨匠ミケランジェロ・ブオナローティが制作した作品でミケランジェロの現存するパネル絵3点のうちの1点で唯一の完成している作品です。 聖家族とは幼児のイエス・キリストと聖母マリアと養父である聖ヨセフの3人の家族のことでルネサンス期...
絵画

ルーベンス シュザンヌ・フールマンの肖像

バロック期の巨匠で画家の他、外交官として活躍したピーテル・パウル・ルーベンスが描いた女性の肖像画です。 ルーベンスが描いた女性の肖像画のなかでも有名な作品の一つです。 また、モデルのシュザンヌ・フールマンはルーベンスが再婚したエレーヌ・フー...
絵画

マネ 笛を吹く少年

近代化するパリの様子や人々を伝統的な絵画手法にとらわれずに描き、絵画の近代化のきっかけとなる作品を制作したフランスの画家、エドゥアール・マネの作品です。 マネは、革新的な作品を多く制作しますが、当時はまだ理解されず、特にキャリア初期のころは...
絵画

ウォーターハウス シャロットの女

19世紀後半から20世紀初期に神話や文学を題材にした作品を発表したイギリス人画家、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスは「シャロットの女」を題材に3バージョンの作品を制作しています。 シャロットの女とは、アーサー王伝説に登場する騎士ランスロ...
絵画

ジャン・シメオン・シャルダン 「食前の祈り」

フランスのロココ期の画家ジャン・シメオン・シャルダンの作品「食前の祈り」です。 シャルダンは甘美で豪華な作品が多く描かれたロココ期に中産階級の人々の生活を多く描いた画家です。 本作品は、画家として成功したシャルダンが、フランス国王ルイ15世...
絵画

ゴッホ アデリーヌ・ラヴーの肖像

フィンセント・ファン・ゴッホは、人生最後の2ヵ月間をパリ郊外のオーヴェル=シュル=オワーズに滞在しました。 ゴッホは画家仲間のカミーユ・ピサロに紹介された精神科医ポール・ガシェを頼って、1890年5月にオーヴェル=シュル=オワーズに来ました...
絵画

石割り人夫 ギュスターヴ・クールベ

写実主義の画家で社会主義に傾倒したいたギュスターヴ・クールベの作品です。 1849年に制作され、翌年のサロンに出品され当時の社会主義者や知識層から賞賛されました。 作品自体は第二次世界大戦中の1945年ドレスデンへの爆撃で焼失していまい、現...
絵画

ドガ ニューオリンズの綿花取引所

印象派の創設メンバーの一人でバレエの踊り子の作品が有名なエドガー・ドガがアメリカ滞在時に制作した作品です。 ドガの母親はアメリカ ニューオリンズ出身でドガも1872年の末から翌年にかけて5ヶ月間、ニューオリンズに滞在しました。 作品は、ドガ...
絵画

ドガ オペラ座の稽古場(ル・ペルティエ街のオペラ座のバレエ教室、踊りの審査)

バレエの踊り子を描いた作品で有名なドガの作品で、「オペラ座の稽古場」の他に「ル・ペルティエ街のオペラ座のバレエ教室」「踊りの審査」などの名前で呼ばれています。 画面の構成や空間の描写が計算されているのが良くわかる作品となっていると言われてい...