絵画

ドミニク・アングル 「ラファエロとラ・フォルナリーナ」

フランス新古典主義のドミニク・アングルはラファエロを非常に尊敬しており、ラファエロの人生についての連作を作成しようとしました。 連作の構想は、途中でやめてしまいましたが、この作品はラファエロがある有名な作品を制作しているアトリエの様子として...
絵画

ドミニク・アングル 「ドーソンヴィル伯爵夫人の肖像」

フランス新古典主義を確立した巨匠ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルが制作した肖像画です。 この作品の制作にアングルは3年を費やしましたが、作品は大きな賞賛を得ました。 モデルは、当時20代のドーソンヴィル伯爵夫人で社交界で人気だった女...
絵画

エドゥアール・マネ 「春」「秋」

エドゥアール・マネが晩年、友人から依頼された四季を主題とした連作のうち「春」と「秋」です。 残念ながら夏は未完となり冬は制作まえにマネは死去してしまいました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])...
絵画

エドゥアール・マネ 「老音楽師」 

パリ大改造が行われていた当時、エドゥアール・マネが自身のアトリエで実際に目にしたであろう人々を描いたと思われる作品です。 また、この作品は過去や同時代のいろいろな作品の要素を集めた寄せ集め(アッサンブラージュ)作品でもあります。 (adsb...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 医師ガシェの肖像

フィンセント・ファン・ゴッホの作品の中でも有名な「医師ガシェの肖像」。作品は2点制作され一点はオルセー美術館に所蔵されていますがもう1点は所在不明となっています。 精神科医のガシェはゴッホの主治医として診察するとともに交友を深めます。 関係...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 3枚のタンギー爺さん

ゴッホは、自身も含む貧しい画家達を支援した画商ジュリアン・フランソワ・タンギー(通称タンギー爺さん)の肖像画を3点制作しています。 作品は1887年、ゴッホが34歳頃に制作されました。作品は当時ゴッホが浮世絵に傾倒していたことがわかる作品と...
絵画

マダムXの肖像 ジョン・シンガー・サージェント

イタリア フィレンツェ生まれのアメリカ人画家ジョン・シンガー・サージェントが、当時その美貌でフランス パリの上流社会で有名となっていた女性を描いた作品です。 本作品は、サロンに出品されましたが、官能的過ぎて娼婦の様だ。と強い批判をあびてしま...
絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ 「赤い葡萄畑」(生前唯一売れた絵)

フィセント・ファン・ゴッホは生前2,000点以上の作品を残しましたが、「赤い葡萄畑」が生前に唯一売れた絵として有名です。 ゴッホが死去する5ヵ月前に、ベルギーのブリュッセルで開催された展覧会で友人の姉が購入しました。 作品:赤い葡萄畑 18...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ・サンティ 「アルバの聖母」

イタリアの田舎の風景をバックに聖母子を描いたラファエロ・サンティの作品です。 18世紀、スペイン貴族のアルバ家が所有していたことから「アルバの聖母」と呼ばれています。 ロシアのエルミタージュ美術館の前身である王室コレクションが購入しましたが...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ・サンティ 「小椅子の聖母」

盛期ルネサンス期に多くの聖母子像を描いたラファエロ・サンティのキャリア後期に制作された作品です。 ラファエロのキャリア中期にフィレンツェ滞在期に制作した他の多くの聖母子像とは異なった作風で描かれています。 とても暖かいイメージを受けるこの作...