「真珠の耳飾りの少女」の魅力

絵画

日本でも有名なこの「真珠の耳飾りの少女」の魅力についてぼんやりと暗い背景に、こちらを振り向く少女。

その表情は見る都度、印象が変わります。

不思議な少女の表情

真珠の耳飾りの少女
(1665-1666年)

1665-1666年
ヨハネス・フェルメール
「真珠の耳飾りの少女」
マウリッツハイツ美術館所蔵(オランダ ハーグ)

目に入れられたハイライト

作者のフェルメールは、「光の魔術師」と呼ばれ、光の描写にたけた画家という評価をされています。

この少女の目の光の反射は、意識的に本来の反射から少しずれたところに、ハイライトが入れられてます。

少女の表情に不確定な印象を与え、見る人によって、印象が変わるように感じます。

どちらともとれる口元

次に口元ですが、ニコリともとれるし、悲しげな見え方もできるし、何かを言いたそうにも見える。

印象は見る人、見るときに変わるように表現されています。

耳飾り

この絵の題名にもなっている真珠の耳飾りですが、光の反射が、目の光の反射と同様、不自然です。

不確定的な少女の表情に対して、耳飾りに光を反射させ「不確定」と「確定」を対比、少女の表情を際立たせている印象を与えます。

ターバンと服装

ぼんやりした背景に、フェルメールブルーと言われるほど鮮やかで特徴的な青色のターバンにより、目を引き付けられます。

また、服装もヨーロッパ風ではない、東洋的なものとなっており、少女に不思議なイメージを与えています。

背景にはエメラルド色のカーテン

2020年の科学調査で

  • 背景にはエメラルド色のカーテンが描かれていて、時間経過とともに色あせてしまったこと。
  • 肉眼では見えない小さなまつ毛が目の周りに、描かれていること。
  • 真珠の耳飾りの輪郭は描かれておらず、フックも無い。

が発見され、公表されました。背景のカーテンが残っていれば、かなり印象がかわります。

所蔵:マウリッツハイス美術館(オランダ,ハーグ)

所蔵先の美術館はオランダ、ハーグにあるマウリッツハイス王立美術館です。

電車でスキポール空港からだと約30分、アムステルダムからだと約50分です。

ハウリツッハイス美術館(オランダ、ハーグ)

フェルメールの作品が他に2点、所蔵されています。

1660-1661年 デルフトの眺望
1655-1656年ディアナとニンフたち

ビクセン 4倍単眼鏡 アートスコープ H4×12 レッド

価格:9,630円
(2021/12/25 15:28時点)
感想(10件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました