フェルメール「合奏」 盗難されて発見されない作品 

絵画

ヨハネス・フェルメールの作品は度々、盗難の被害にあっていますが、盗難されたまま発見されていない作品があります。

合奏」は1990年に盗難にあい、未だ発見されていないフェルメール作品です。

盗難事件

1990年3月18日未明、ボストン市警を装った二人組が美術館に押し入り、フェルメールの「合奏」のほか12点の美術品を奪い去る事件が発生しました。

盗難された13点の美術品は現在も行方不明のままです。

盗難されたのは、フェルメールの「合奏」のほか、レンブラントの作品3点、ドガのドローイング5点、マネの作品1点など、金額にすると5億ドル相当と言われています。

そのなかでもフェルメールの「合奏」は2億ドルの価値があるとされています。

盗難にあったイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館は、現在、盗難された作品の場所に空の額が掛けられて返還を願っています。

ガラリアの海の嵐
(1633年)
盗難されたレンブラント唯一の海洋絵画で貴重な作品

1633年
レンブラント・ファン・レイン
「ガラリアの海の嵐」

イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館

出典:Wikipedia

合奏と対の作品「音楽の稽古」

合奏」は、サイズがほぼ同じで、主題も類似している「音楽の稽古」と対の作品とされています。

音楽の稽古
(1662-1665年)

1662-1665年
ヨハネス・フェルメール
「音楽の稽古」
セント・ジェームス宮殿蔵(イギリス ロンドン)

合奏
(1664年頃)

1664年頃
ヨハネス・フェルメール
「合奏」

画中画

作品中の背後の壁の右側に掛かっている絵は、フェルメールの義理の母親が所有していたディルク・ファン・バビューレンの「取り持ち女」です。

取り持ち女
(1622年)

1622年
ディルク・ファン・バビューレン
「取り持ち女」
ボストン美術館(アメリカ ボストン)

フェルメールとそのライバルたち 絵画市場と画家の戦略 [ 小林 頼子 ]

価格:2,860円
(2021/12/11 14:32時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました