フェルメールとファン・バビューレンの「取り持ちの女」

絵画

ディルク・ファン・バビューレンの「取り持ちの女」は、フェルメールの義母が保有していたことでフェルメールに大きな影響を与えました。

フェルメールは同じ題材・題名で作品を制作、さらに、他の作品のなかにも画中画として登場させています。

ファン・バビューレンの「取り持ちの女」

ディルク・ファン・バビューレンは、バロック期のオランダの画家で、活動期間も短く作品もあまりのこっていないようです。

この「取り持ちの女」はファン・バビューレンの作品で一番有名な作品となっています。

取り持ちの女
(1622年頃)

1622年頃
ディルク・ファン・バビューレン
「取り持ちの女」
ボストン美術館蔵(アメリカ ボストン)

取り持ちの女と言うのは、娼婦と客を仲介する女性で、作品では右側の女性になります。

その女性の手の様子は、この娼婦の値段が高いことを示しています。

フェルメールの「取り持ちの女」

フェルメールの最初期の作品とされ、フェルメールの署名と制作年が記された3点の作品のうちの1点です。

他の2点は、「天文学者」と「地理学者」。

取り持ち女
(1656年)

1656年
ヨハネス・フェルメール
「取り持ち女」
アルテ・マイスター絵画館蔵(ドイツ ドレスデン)

左側の男性は、フェルメールの自画像と言われています。

作品中の「取り持ちの女」

フェルメールは2点の作品にファン・バビューレンの「取り持ちの女」を登場させています。

合奏

合奏
(1664年頃)

1664年頃
ヨハネス・フェルメール
「合奏」

この作品は、1990年に盗難にあってしまい、現在も発見されていません。

ヴァージナルの前に座る女

1670~1672年頃に制作された作品です。

ヴァージナルの前に座る女
(1670-1672年)

1670-1672年
ヨハネス・フェルメール
「ヴァージナルの前に座る女」
ナショナル・ギャラリー(イギリス ロンドン)

フェルメール晩年の作品です。なぜ、作品のなかに「取り持ちの女」を描いたのかは、判明していません。

音楽と性愛は、一般的に関係性があるとされている為、音楽を題材とした作品のため描いたと言われています。

ビクセン 4倍単眼鏡 アートスコープ H4×12 レッド

価格:9,630円
(2021/12/30 12:48時点)
感想(10件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました