ベラスケス 「卵を料理する老婆と少年」

絵画

17世紀のスペイン宮廷画家として成功したディエゴ・ベラスケスですが、宮廷画家になる前は厨房や食材を描いた作品を多く描いています。

当時、スペインでは厨房や室内の様子を描く静物画が制作されることが多く、師匠から独立して間もないベラスケスも制作したと思われます。

スペイン語で静物画のことをボデゴンと称し、題材として食事や食材が描かれることが多くベラスケスがこのジャンルの発展に寄与したとも考えられています。

作品:卵を料理する老婆と少年

ディエゴ・ベラスケスは、スペイン南部のセビリアで生まれ11歳頃に有名画家に弟子入りし6年後の1617年の18歳のときに独立します。

1618年には、師匠の娘と結婚しています。

卵を料理する老婆と少年
1618年

1618年
ディエゴ・ベラスケス
「卵を料理する老婆と少年」
ナショナル・ギャラリー(スコットランド)

独立後間もないベラスケスは、カラヴァッジョのような明暗対比で作品を制作しました。

強い光が左から老婆、調理中の卵や食器類に当てられて、逆に光が後ろから当たる少年の顔は暗い影となっています。

宮廷画家となる前のベラスケスは、ボデコンをよく制作しており、本作品の老婆は他の作品のモデルにもなっています。

作品:マルタとマリア宅のキリスト

マルタとマリア宅のキリスト
1618年

1618年
ディエゴ・ベラスケス
「マルタとマリア宅のキリスト」
ナショナル・ギャラリー(イギリス ロンドン)

左の老婆は、「卵を料理する老婆と少年」で描かれている老婆と同じモデルです。

マルタとマリアは、キリスト教の新約聖書に登場する姉妹でイエス・キリストと親しく、イエス・キリストが姉妹宅を訪れた際の二人の行動の対比が聖書で述べられています。

作品の奥に、姉のマルタがイエス・キリストを接待し、妹のマリアがイエス・キリストの足元で話に聞きいっている様子が描かれています。

接待を手伝わない妹マリアに姉マルタが不満を述べてるのに対して、イエス・キリストが答えている様子です。

ベラスケスが、当時絵画の主流だった宗教画に厨房画を関連付けて制作しようと試みた作品だと考えられます。

BESPIN 単眼鏡 美術鑑賞専用! 4倍うす暗い館内でも「明るく」「はっきり」作品を愉しめる アーツモノキュラー 4×12

価格:3,980円
(2022/5/7 14:44時点)
感想(53件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました