ラファエル前派 オフィーリア

絵画

シェイクスピアの「ハムレット」に登場するオフィーリアを描いた、19世紀のイギリスの画家ミレイの作品です。

オフィーリアは、恋人のハムレットに冷たくされた挙句、父親を殺されたことで正気を失い、最後には溺死してしまう悲劇のヒロインです。

ジョン・エヴァレット・ミレイは、モデルの女性にバスタブで長時間ポーズをとらせるなど、徹底した観察を行い作品を制作しました。

モデルの女性 エリザベス・シダル

川に落ち、死ぬ間際のオフィーリアをエリザベス・シダルという女性がモデルを務めています。

エリザベス・シダルは、美術や詩に興味を持ちながらも、ロンドンの帽子店で働いていました。

ちょうどモデルを探していた画家、ウォルター・デヴェレルに見いだされ、モデルを行うようになります。

ウォルター・テヴェレルの自画像

ウォルター・デヴェレル

ウォルター・デヴェレル は、27歳で亡くなってしまいますが、ウォルターが参加していたラファエル前派というグループのメンバーたちが、シダルをモデルとして作品を制作しはじめます。

ミレイラファエル前派のメンバーで、シダルをモデルにして、この作品を制作しました。

シダルは、この作品制作のモデルをしましたが、衣装を着てバスタブに入れられ長時間ポーズを取らされたため、肺炎になってしまったそうです。

ラファエル前派

1848年、ミレイをはじめとした7人の若者が「ラファエル前派兄弟団」というグループを結成しました。

当時、イギリスのロイヤル・アカデミーはルネサンスの巨匠ラファエロを規範としていました。

ラファエル前派は、理想的な描写をするルネサス期の絵画ではなく、ルネサス以前の自然をそのままに、人物も忠実に描こうという主張を展開しました。

オフィーリア
(1851年-1852年)

1851年-1852年
ジョン・エヴァレット・ミレイ
「オフィーリア」
テート・プリテン(イギリス ロンドン)

ミレイは、自然のままに描くために、イメージに合った小川を探し、ロンドン郊外のホッグズミル川にたどり着き、4か月ほど滞在してスケッチを重ねました。

ミレイの「オフィーリア」は、ラファエル前派の代表作となります。

しかし、ミレイはその後、ラファエル前派と距離をおき、ロイヤル・アカデミーの会員となったことでラファエル前派の活動は頓挫します。

ジョン・エヴァレット・ミレイ

幼少期から才能を見込まれ、両親はミレイに優れた教育を受けさせるため、ロンドンに転居し、1840年に史上最年少の11歳でロイヤル・アカデミーの美術学校の入学が認められます。

ジョン・エヴァレット・ミレイ
(1854年頃)

引用:Wikipedia

1848年には、ロイヤル・アカデミーに反発し、ラファエル前派兄弟団を結成します。

しかし、ミレイは子供を8人もうけ、養う必要性からも、緻密な描写が必要なラファエル前派からはなれ、より大衆が好む作品を描くようになります。

初めての説教
(1863年)

1863年
ジョン・エヴァレット・ミレイ
「はじめての説教」
ギルドホール・アート・ギャラリー蔵(イギリス ロンドン)

1863年にロイヤル・アカデミーに「初めての説教」を出品、最も人気のある作品に選ばれアカデミーの正会員に選出され、その後、1896年には会長に選出されます。

https://amzn.to/3VkOwtK

コメント

タイトルとURLをコピーしました