ヴィクトリーヌ・ムーラン 

絵画

印象派の先駆者で、当時の絵画に革新をもたらしたエドゥアール・マネの多くの作品でモデルを務めた女性です。

マネの代表作で当時の絵画の世界でスキャンダルとなった「草上の昼食」「オランピア」のモデルも務めました。

後に彼女も絵画を学び、画家としてサロンにも入選を果たしています。

ヴィクトリーヌ・ムーランの肖像

ヴィクトリーヌ・ムーランの肖像
1862年

1862年
エドゥアール・マネ
「ヴィクトリーヌ・ムーランの肖像」
ボストン美術館蔵(アメリカ ボストン)

マネムーランは、裁判所で偶然出会い、ムーランの容姿にひかれたマネが声をかけたことがきっかけと言われています。

小柄で赤毛が特徴的な女性だったようです。

引用:Wikipedia

彼女は、ギターとヴァイオリンを弾きそのレッスンやカフェで歌うなどして、生計を立ってていたようです。

街の歌い手
1862年

1862年
エドゥアール・マネ
「街の歌い手」
ボストン美術館蔵(アメリカ ボストン)

マネが最初にムーランをモデルに描いた作品も、ギターを持つ街の歌い手を描いた作品となっています。

他の作品

マタドール姿のヴィクトリーヌ・ムーラン嬢
1862年

1862年
エドゥアール・マネ
「マタドール姿のヴィクトリーヌ・ムーラン嬢」
メトロポリタン美術館蔵(アメリカ ニューヨーク)

草上の昼食
1862-1863年

1862-1863年
エドゥアール・マネ
「草上の昼食」
オルセー美術館蔵(フランス パリ)

オランピア
1863年

1863年
エドゥアール・マネ
「オランピア」
オルセー美術館蔵(フランス パリ)

女とオウム
1866年

1866年
エドゥアール・マネ
「女とオウム」
メトロポリタン美術館蔵(アメリカ ニューヨーク)

鉄道
1873年

1873年
エドゥアール・マネ
「鉄道」
ナショナル・ギャラリー(アメリカ ワシントンD.C.)

ムーランは、モデルを務めるととともに、絵画のレッスンを受け始めました。

マネが批判していた当時のアカデミック美術を志向するようになり、徐々にマネとは疎遠になり「鉄道」がムーランをモデルにしたマネの作品の最後となりました。

ムーランの作品は、サロンに6回入選し、賞も受賞したようです。また、フランス芸術家協会の会員にもなっています。

枝の主日

ヴィクトリーヌ・ムーラン
「枝の主日」
コロンブ歴史博物館蔵(フランス パリ)

ムーランの作品は、現在のところ2004年に発見された「枝の主日」が唯一のものとなっています。

印象派。 絵画を変えた革命家たち (Pen books) [ pen編集部 ]

価格:1,760円
(2022/4/10 15:13時点)
感想(1件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました