絵画

クエンティン・マサイス 両替商とその妻

クエンティン・マサイスは、ルネサンス期の画家ですがフランドル地方(現在のオランダ南部、ベルギー西部、フランス北部の地域)で活躍しました。 イタリアルネサンスと北方ルネサンスを融合させた画家として有名です。 本作品は、北方ルネサンス特有の細部...
絵画

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「聖アンナと聖母子」

レオナルド・ダ・ヴィンチの晩年の作品で未完の傑作と言われています。 本作品は、祭壇画として注文を受けたのですが、レオナルド・ダ・ヴィンチはこの作品を終生手放すことなく加筆を続けました。 登場人物は作品に安定感をもたせる三角形の形で配置されて...
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ

ティツィアーノ 「鏡の前の女性」

盛期ルネサンス期のヴェネチア派の代表的画家ティツィアーノ・ヴェチェッリオの初期の作品です。 ヴェネチア派は、デッサンを重視してルネサンス美術の中心となったフィレンツェ派に対して、ヴェネチア周辺で活躍した流派で構図と色彩の調和などを重視した流...
ヨハネス・フェルメール

ヨハネス・フェルメール 「赤い帽子の女」

ヨハネス・フェルメールの作品と推定されている作品「赤い帽子の女」です。 フェルメールの作品との意見が多いのですが、真贋はまだ、確定していません。 フェルメールの作品とすると、とても珍しくカンヴァスではなく木製のパネルに描かれています。 また...
絵画

ルノワール ピアノに寄る少女たち

ピエール=オーギュスト・ルノワールの晩年の作品で非公式で国家買い上げを前提に注文を受けた作品です。 ルノワールの晩年の代表作です。 ルノワールは、印象派の体表的な画家とされていますが、印象派の表現方法からイタリア旅行を契機に古典主義の影響を...
絵画

モネ サン・タドレスのテラス(海辺のテラス)

印象派創始者の一人クロード・モネの印象派創設前の作品です。 クロード・モネは後の妻となるカミーユとの間に息子ジャンが生まれていましたが、カミーユとの結婚は認めらず、実家からの援助を得られないでいました。 作品もなかなか認められず、サロンへの...
絵画

フランス・ハルス 陽気な酒飲み

オランダ黄金期の画家でレンブラントと同時代に活躍、一般市民から上流階級の人々まで多くの人の肖像画を描きました。 彼の肖像画は人々の生き生きした表情をとらえ、「笑いの画家」とも呼ばれています。 「陽気な酒飲み」はその中でも彼の代表作と言われ古...
絵画

アルテミジア・ジェンティレスキ ホロフェルネスの首を斬るユディト

カラヴァッジョ派(カラバジェスキ)の代表的画家で、当時では珍しい女性画家のアルテミジア・ジェンティレンスキの代表作「ホロフェルネスの首を斬るユディット」です。 この題材は多くの画家に描かれた旧約聖書の「ユディット記」という話の一場面です。 ...
レンブラント・ファン・レイン

レンブラント 二つの円と自画像

オランダ黄金期の画家でバロックの巨匠レンブラント・ファン・レインの自画像作品です。 レンブラントは約40年のキャリアのうちで約90点ほどの自画像を制作しており、現在確認されているレンブラントの全作品の10%が自画像となっています。 レンブラ...
ラファエロ・サンティ

ラファエロ キリストの変容

ルネサス盛期の巨匠の一人ラファエロ・サンティの最後の作品とされる「キリストの変容」です。 ラファエロ・サンティの集大成的な作品と言われています。 ラファエロは亡くなるまで本作品の制作に取り組んでいましたが完成前に亡くなってしまい、最後は彼の...