絵画

モーリス・ドニ セザンヌ礼賛

19世紀の写実主義や印象派とは違った表現方法を目指した前衛的な芸術家集団のドニ派の画家、モーリス・ドニがポール・セザンヌの作品を画家たちが批評、礼賛している様子を描いた作品です。 ドニ派は、ポール・ゴーギャンやオディロン・ルドン、ジョルジュ...
絵画

ジャン=レオン・ジェローム 灰色の枢機卿

灰色の枢機卿とは、現在のフランスでは影の実力者や黒幕的な人物のことを指す言葉として使われています。 16-17世紀にかけて、ルイ13世の宰相として活躍したリシュリュー枢機卿の腹心で助言者であったフランソワ・ルクレール・デュ・トランブレーが灰...
ヨハネス・フェルメール

ヨハネス・フェルメール 「恋文」

ヨハネス・フェルメールは恋文を題材に作品を複数のこしていますが、本作品は人物の描写が最も小さい作品です。 手前の部屋から奥の部屋の人物を覗き見るというアイディアは、同時代でフェルメールが度々、着想を得ていたピーテル・デ・ホーホの作品を参考に...
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ

ティツィアーノ 「うさぎの聖母」

ルネサンス盛期 イタリア ヴェネチアで活躍したヴェネチア派の巨匠ティツィアーノ・ヴェチェッリオの作品です。 「聖母子と聖カテリナと羊飼い」「うさぎのいる聖母」とも呼ばれています。 本作品は、ティツィアーノの成熟期の代表作と言われています。 ...
絵画

シャルダン 「お茶を飲む女性」

優美な描写を行うロココ美術全盛の18世紀フランスで静物画や一般の人々の様子を写実的に描いた画家ジャン・シメオン・シャルダンの作品「お茶を飲む女性」です。 歴史画や宗教画に重きをなしていた当時の美術界でも彼の作品は評価受け、フランス美術界でも...
絵画

レオナルド・ダ・ヴィンチ ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像

「受胎告知」同様、レオナルド・ダ・ヴィンチが単独で制作した初期の作品とみなされています。 モデルは、イタリア フィレンツェの銀行家アメリゴ・デ・ベンチの娘ジネーヴラとされ、当時16歳であったとされています。 ジネーヴラは、2倍以上歳がはなれ...
絵画

ボッティチェッリ 東方三博士の礼拝

ルネサンス期のイタリア フィレンツェの画家サンドロ・ボッティチェッリの初期の作品です。 当時のフィレンツェを支配していたのは銀行家として大成功していたメディチ家です。 ボッティチェッリはその庇護のもとありました。 ボッティチェッリは本作品中...
絵画

アントワーヌ・ワトー 「シテール島の巡礼」

18世紀のヨーロッパは、バロック様式から曲線的、豪華なロココ調へと絵画の人気が変化していました。 アントワーヌ・ワトーそのロココ調の代表的な画家でロココ調が人気となるきっかけともなった画家と考えれれています。 「シテール島の巡礼」はワトーが...
絵画

クエンティン・マサイス 「両替商とその妻」

クエンティン・マサイスは、ルネサンス期の画家で、主にフランドル地方(現在のオランダ南部、ベルギー西部、フランス北部の地域)で活躍しました。 イタリアルネサンスと北方ルネサンスを融合させた画家として有名です。 本作品は、北方ルネサンス特有の細...
絵画

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「聖アンナと聖母子」

レオナルド・ダ・ヴィンチの晩年の作品で未完の傑作と言われています。 本作品は、祭壇画として注文を受けたのですが、レオナルド・ダ・ヴィンチはこの作品を終生手放すことなく加筆を続けました。 登場人物は作品に安定感をもたせる三角形の形で配置されて...